FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.10.11

「孤独死」年2.7万人推計は、ヒトゴトではない!

このblogに新聞ネタを持ち込むと、「またですか!」と、
相棒Sのお叱りを受けるが、このネタは、朝比奈の喫緊の課題だから、
お許しを得ることにする。

孤独死に関する記事(2018年10月3日、朝日新聞、夕刊)内で、
日本福祉大准教授の斉藤雅茂氏は、「高齢者の孤独死は、
生前に身の回りの衛生管理や他人との交流が欠落している場合が多く」と。
そして「対策を講じるためにも行政による調査は必要」と述べる。
2カ月ほど前に、朝比奈宅へ30代半ばの、かわいい女性調査員がやってきた。
朝比奈は70代の独居老人だから、港区の調査対象者なのだ。
玄関内で、資料のたくさん入った重い荷物を置いて、だいぶ長い間、話し込んだ。
調査項目の聞き取りだけなら、5分で事足りる。そんな薄い内容なのだが。

お節介であり、仕事がら情報出しゃばりの朝比奈は、
「ここぞ!」とばかり、優しく突っ込んでいく。
調査請負会社の名称は聞いたが、(余計なことだから)関係性とpositioningだけ
了解し、記憶はしない。当然のことだろうが、
こうした調査schemeを作成するのは、ロージンではなく働き盛りの人々だ。
当然、ロージンの心身内容は、うまく想像できない。
だから、斉藤准教授のいうように
「身の回りの衛生管理や他人との交流が欠落している場合が多く」と、話は進む。
そこで、行政による「対策のための調査」となり、若い女性調査員が調査に回る。

驚くべきことは、当然のことながら?
ロージンが作成した調査項目ではないから、まるでトンチンカンな不要項目ばかりで、
「ここを押さえるベキ」という項目は、皆無であった。
そこで、お節介婆がチョコチョコ指摘すると、「ああー、ホントニ!」といたく感激。
とうとう彼女と、玄関先で小1時間も話し込んでしまった。「勉強になりました!
社に戻ったら、報告します」と、顔を上気させ、目を輝かせた彼女は、
「お宅に伺っても、ほとんど、簡単な受け答えしかしてもらえないで、
ドアを閉めようとされるんです」と。

トンダコトに税金が、無責任に浪費されながら、高齢者対策のアリバイ工作が?
ああ、無情! この無情は、今後も税金を払い続け、
彼ら自身の高齢者福祉は覚束ない? 若者たちへの感慨である!
何かが、オカシイ! 感情・心情とシステムのクイチガイである。

斉藤准教授は、「尊厳が保たれた最期とは言えない」と指摘しているが、
最期よりはるか前、「ロージン・高齢者」というレッテルが付いた、その時点から、
「人間の尊厳」は剥奪され、庇護すべき弱者という動物・存在に成り下がる。
そういう標識・レッテルを貼られるのである。そして、レッテルの表面には
「優しさ」という言葉が躍る。だから、優しい女性調査員も、対等な会話ではではなく、
「優しさ」をまぶし、振りかけまくった会話教育を受けている。
彼女は、話し合いの途中で気付いてくれた!
「良かれ」と思って、教えられた通りに話していたプロセスが、
「優しさ」どころか、相手の人間の尊厳を無視していたことに。

25693371982_819666de62_z.jpg
Photo by Harry Pammer


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。