FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2020.01.17

キアスム,chiasme

夜中に、「キアスム」という言葉? “音”? と、大きなとても美しい黒い瞳に
見つめられ、びっくりして目覚めた!
その目、瞳は、かつて感動の溜息とともに、一瞬の後に目を落としてしまった
驚きの、あの「目」であった! 世の中に、こんなに凄く美しい目が存在するんだ!!

それは、あるアラブの大使館主催のpartyで、
その溜息の出るほど、吸い込まれるような美しい目の女性は、
大使夫人であった。古代ペルシャのハーレムには、
数千人におよぶ美女が暮らしていたという。たしかに、権力と財力があれば、
美女collectionは垂涎の趣味にちがいない! そして、
♀×♀ couple というのも納得できる。
美しい存在を所有したいという欲求に、性別差はないだろう。

8296057298_690db77d0e_z.jpg
Harem, Photo by juglar del zipa

大きなとても美しい瞳とともにやってきた「キアスム」って、なんだっけ?
朝、しっかりと目覚めてから、PC上で調べてみた。
『大辞林』第三版によれば、
「メルロ=ポンティの用語。見るものと見られるものが相互に可逆的に
侵蝕し合っている
状態。主体と客体の分離を乗り越えるための用語。交差配列
ということだ。なんて、ステキなんだろう!
大好きな“メルロ”の言葉は、夢にまで、ステキな瞳とともに、登場するのね!
今年は春から縁起がいい!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/547-2cdb2c1b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する