FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2019.05.13

言葉の語感&Taste、人徳vs見縊られ

ヒトは、高度にcommunication能力の発達した哺乳類である。
そして、高度に発達した「言葉」というsign(記号)を操る
この、「言葉」という「記号」と、それを操る技術には、大いに「脳作業」が関わる。
ごく当たり前なコトだが、その複雑さには呆れかえるしかない!
というのは、まず、言葉というものが途方もなくアルところへもってきて、
途方もない数の中における、個々の組合せとなると、天文学的数ではないか?

「そんなこと、ないよ!」と。たしかに、ごく親しいヒト同士の日常会話では、
「そうそう、アレね。それでさあ、今度、見に行かない?」「いいね!」で、
事足りるのだ。いわゆる「阿吽の呼吸」である。
ここで、「それ、どんな呼吸? ゼンソクみたいな?」となると、問題である!
つまり「呼吸」には、生物が外界から酸素を取り入れ、二酸化炭素を放出する
生物学的呼吸と、物事を行う微妙な要領とかタイミングといった意味がある。

日常生活の中で、ヒトはその場の「mood」を読む(→コチラ)。
そしてヒトは、その場の「mood」に合いそうな「mode」で会話する。この調子を
例えれば、結婚式の挨拶で「今日は縁起がいい日だから、結婚式に最適だよ」
とは、あまり言わない。一般には「本日は御日柄もよろしく……」となる。

202392627_6f1619ea35_z.jpg
Photo by heyjohngreen

これが、言葉の語感 & Tasteであり、Native speaker(母語の話者)なら、
自然に身に付いている。しかし、難しいのは「雰囲気」、つまり「空気」。
いわゆる「アイツは空気が読めない!」という感覚だ。そして、この
「空気」というのは、「場」の「雰囲気」であり、そのヒトが発散する「雰囲気」だ。
これが、生物集団においてはとても重要である!

朝比奈の場合は、この「雰囲気」、もっと厳密に言えば、
発散する振動数と波長・波形が、どうも一般的ではないみたい? だから、
Responseが微妙に狂うため、周囲は迷惑するらしい。
しかし、コレ、固有振動数だから……というワケだが、そうも言ってはいられない!
コレが周囲とカッチリ合って、しかも会話内容もウマク合う場合は、文句なくイイヒトだ。
一方、周囲に迷惑をかけている方は、おおむね2種に分かれ、
周囲より振動数が低い場合と、高い場合がある。いずれも、周囲にとっては困ったチャン。
低い方は、周囲の気持ちを引きずり落とすから、敬遠されがち。
逆に周囲より高い方は、周囲は心地いいが、当人は重い疲労感に襲われ、顔色も悪くなる?

こちら、振動数は高いが、それだけに出力impactは小さいから、
周囲までをhighにするにはかなり大出力energyが必要で、おおむね無理!
そこでヘロヘロになってしまうのだ。 つまり、人徳(ヒトenergy)不足で、
見縊られ「力や価値がない、と見下され」
っ放しなのだ! ああ、無情!
何ごとも、Controlが決め手のようで……そう、
「人(ニン)に合わせた周波数で法を説け!」Oh!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/529-87bfe66b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する