FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2019.05.09

ピラネージの黒い脳髄

何年も、旧居にいたころから、視界に引っかかっていた本である。
この度は、超大型連休であり、どこへも出かけず、ひとり暮らしの身だから、
遂に、彼が、書棚からon bedへと、歩き出してきたのだ。
『ピラネージの黒い脳髄』(マルグリット・ユルスナール著、多田智満子訳/白水社)
である。

piranese.jpg

しかしこれには、読後に「ああ、そうだったのか!」と、思い当る必然性があった。
Bedに横たわったまま、ふと、窓外を見やると、
そこには、ピラネージの「牢獄」そのものの光景が屹立している。
目下、朝比奈は囚われの身? である。
築年数がかなりの老朽化した集合住宅は、大規模改修工事の只中にあり、
まるで、ピラネージの「牢獄」そのものといった、足場に囲まれているのだ。
無意識の流れとは、時に、戦慄するようなシゴトをするものである!

そうした、この上もない舞台装置の中で、あの、ユルスナールの、
延々と途切れることのない、博覧強記満載の複雑な文体が、
ひたひたとのしかかってくる。まるで、地下牢に水がしみ出して流れ来るように。
一般には、あまり知られているとはいえないが、それだけに、マニア? には、
こたえられない魅力で、時にはハマッテしまう。
こうした百科全書的scale(実質、訳注込100頁、写真版だらけ)の作品は、
常に身近に「在る」だけでもいい。ふと、
なにかの折りに、異次元へ連れて行ってくれるから。

ユルスナールも古代ローマ好きだが、朝比奈も、
ついに『クレオパトラⅦの追憶』を書いてしまったほどの、
古代ローマ・マニアだ。そしてたまたま、というか延々と、
『サテュリコン』(古代ローマの風刺小説/ペトロニウス作、国原吉之助訳/岩波文庫)を、
チビリチビリ読み続けているのである。(滅法オモロイ!)
何だろう? このtaste ! なにしろ、実に、自然に、肌合いがいい。
まるで、現在の実生活の方が「小説かなんかのオハナシ」のようなのである。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/528-8c564b0a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する