FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2019.05.07

差別感覚の生まれ方の不思議

「ベトナムの犬食 包囲網」というタイトルの大型記事が、目を引いた!
朝日新聞5月3日(2019年)朝刊である。

16435455448_fd6b852768_z.jpg
Photo by CiaoHo

だいぶ昔だが、シルクロードを旅したときに、トルファンあたりだったか、
バザールで驚くほどの種類の動物たちが、「食用」として売られているのに驚き、
深く興味をそそられた。
何といっても、興味の最大は、売る方も売られる方も、アッケラカンとかわいいのだ!
これは、「原始感覚」というものだろうか? と思った。
露天バザールの木陰で、「犬・さまざまな種類の鳥・ウサギ・カメ・
イナゴ(籠入り)……」などが、屈託なく、遊んでいる。そのそばで、
「見せ番?」のオジサンも、屈託なく行き交うニンゲンを眺めている。
購入すれば、数軒先の「店(簡易建物)」で捌いて、ビニール袋に入れてくれるし、
生きたまま動物たちを持ち帰ることもできる。
なんとのどかな、共生なのだろう! と、深く感動した。

「犬食」は×で、牛・豚・シカ・クマ・鳥(鶏・野鳥を含む)・魚・クジラ、
カメやヘビ・ワニなどの爬虫類は〇とすれば、この差別基準は、どこから来るのだろう?
「観光客らに悪い印象残す」という見出し、
リードの「外国からの風当たりも強い」というのも、気になった。
実際、カメなどは中国料理では高級食材だし、スッポンは日本でも養殖されている。
「動物愛護団体」の愛護基準・圧力基準は、どのような内容なのか?
「残酷に殺されている」と表記されているが、「安楽死」ならいいのか?
問題は、食用動物のguide lineとなるのだろうが、基本に感染症の問題があるのなら、
結局これは、ニンゲンサマ中心主義で、「動物愛護」とは、錦の御旗では?

どうも、切っても切っても「オレサマ顔」が出てくるニンゲン中心主義には、
腹立ちを覚える! 牧場の牛たち、養豚場の豚たち、養鶏場の鶏たちが、
「そうそう! モウモウ、ブウブウ!!! ケケッコケコケコ」と叫んでいるみたい。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/527-bb110fe1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する