FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2019.05.02

アリストテレスの認識の話

あらゆる人間はその本性として知ろうと欲する。このことを指示するものは、
我々が感覚において味わう喜びである。(アリストテレス)」

Aristotle_Altemps_Inv8575.jpg

アリストテレスといえば、BC384~BC322年、ギリシアの哲学者で、
アレクサンドロス大王を教育した男である。
BC384~BC322年ごろの日本は? といえば、
「主要生産用具は大陸系磨製石斧・石包丁・石鍬などの石器と木製農耕具が主体……
(文化的記述は無い)」と、日本史年表(岩波書店)にある。
ちょっと長いが、
アリストテレスの「生物学者の立場で語っている“一論”」を引用しよう。

「知覚、記憶、経験、想像および理性は、すべて共通の絆(きずな)によって
統合されている。それらは全く同一の基本的活動の、異なった段階にすぎないのであり、
――――この活動は人間において最高度の完成の域に達するのであるが、
動物およびあらゆる形態の有機的生命もまた、いくぶんはこれを所有している。」


ガクゼン! 目のくらむ、透徹した知性である!
ヒト、人類、人間の、知性とは何か? その進化とは? と、
軽く小さいアタマを抱え込んで、ナンテコッタ! この違いは何か? と、
しばらく呻吟したが、何も出て来ないシナビタ脳髄である。
そしてふと、「そんなのドーデモいいじゃん」と、「知ろうと欲しないヒト」もまた、
あまた居る、ということに思い当った! そこで計算!
BC322年~現代2019年=2341年間、脳が進化してこなかったヒトがいる!
生殖年齢を30歳として計算すると、
about 78世代に渡って「脳が進化しなかった」ヒトがいることになる。

ふむふむ、コレハかなり納得できる数字ではないか? と思う。 が、
問題は、「知ろうと欲しないヒト」「脳の内容」であることに、すぐに気付いた!
たとえば芸能界のゴシップなどには興味シンシンでも、
Space shuttleなどには無関心、ダイエットに熱中しても栄養学はthrough という具合。

うーん、コレハ深い! もう一度、アリストテレスの言葉を、味わってみる!
「あらゆる人間はその本性として知ろうと欲する。このことを指示するものは、
我々が感覚において味わう喜びである。
(アリストテレス)」

うーん! 「感覚において味わう喜び」ねえ。
これは、栄養不良で脳の働きが悪くなることより、
「スレンダーになった! 美しい!」という、視覚において味わう喜びなんだ! 納得!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/525-ed410c4b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する