FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2019.04.30

旅の魅力は、happening!

Fiaker_1.jpg

何年たっても、鮮明にvividに蘇る“旅の記憶”は、魅力的だ!
それは、おおむねステキなhappeningである。
風景の美しさや、心地よくおいしいホテルやレストラン、洗練されたconcert……、
そうした記憶は、年月を経るにつれて色褪せてくる。
ところが「happening」は、何年たっても、何かのtimingでふと蘇り、
新たなる苦笑が噴出して、記憶はみずみずしく更新されるのである!

ウイーン市内で、東欧から出稼ぎの雲助タクシーdriverに、
日本語で啖呵を切って震え上がらせた話、
ローマの広場で5~6人の男に囲まれた時、スイッとしゃがみ込んで、
彼らの林立する長い脚の間をスルリと駆け抜けた話、
Nice guyをDiscoに誘って、その支払と彼らの足(車)提供とbarter交渉したり……。
互いにWIN×WINになれる頭脳戦こそが、何より爽やかで楽しい

海外個人旅行で、事件に巻き込まれるcaseは気の毒だが、
自ら原因を作っている場合も、少なくないように思える。
不運と言えば不運かも知れないが、
無意識のうちに、不運を呼び寄せているのかも知れない。それは、
意外性というアッケラカンとしたparadigmではなく、
どこか自身に驕りと、無防備があるのでは? そんな気がする。

Happeningというのは、偶然性であり、random性である。
だから、楽しい! だから相手方も、ふと、一瞬、楽しくなる!
これは、「無我の境地」ではなかろうか?


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/524-969e8b2e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する