FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2019.04.18

かくも、巧に光を操り、超大な音楽を奏でるのか!

もう、数十年も前のことになるが、パリのノートルダムを
訪れた時のことである。
朝比奈は旅行ガイドブックの制作を行い、国内外の観光reportなどを書いていた。
が、取材というのは好まない。自身が感動し、楽しみ、追究し、
納得のいったことだけを、書くという手法だ。
しかし、取材という手法を利用すると、一般観光では知ることのできない
深い情報や、何より当事者たちの思い入れを知ることができる、という魅力もあるので、
深く入り込んで、当事者たちの言葉を拾った。

世界各地の構築物で、「何よりスゴイモノ」といえば、宗教装置である!
ノートルダムのステンドグラスの「美」は、パイプオルガンの奏でる「音」と
一体になって、人々の魂を天上界へ結びつける装置だ。
ステンドグラスは、天上界の“光の饗宴”である。しかし、ズシン!と
心に落ちたのは、地下を延々と延びるパイプオルガンの送風装置であった!
ここに、「キリスト教の骨髄」を見た気がした。天国 VS 地獄、
そして信仰による昇華である。

世界各地の宗教装置は、おおむね
ヒトの意識を変性意識状態に誘うように工夫されている。なかでも、
キリスト教カソリックのそれは、秀逸で洗練度が高い。
そこには、一貫したlogicがあり、symbolizeの形式の格調が高い。それは、
強く、普遍性を意識した構築なのだろう。

延々と地下をたどってきた「オルガンの風の運動」、
連なる「壮大な光輝く金属パイプ群の振動」、そして、
透明な、天上界から届く光を、美しい色彩に分解して多様に見せる
「ステンドグラスの光の魔術」との合一!「汝も、地獄から天国へ!」
美しいStoryである! 「美に、言葉は無力だ!」そして、「感性は歓喜する!」

世界中の宗教が、それぞれ古代から、さまざまな宗教装置を考案してきた。
なかでも、ステンドグラス&パイプオルガンという装置は、
最も洗練された、ゆるぎない装置のように思える、のだが……。

GothicRayonnantRose003.jpg


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/521-0103c81b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する