FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2019.01.11

文章を書くには、“おでん原理”がおいしい!

なんだかんだ言っても朝比奈の商売は、煎じ詰めれば、
脳クンの“お勝手遊び”なのかも知れない。
けっこう一般的に、「文章を書いて出してください」ということになると、
行動・言動? の働きがslow downしてしまうみたい、そう見える。
「脳クンの“お勝手遊び”」に任せておけば、そんなことはナイはずなのだが。
内容はともかく、ナンダカンダ、ウダウダ、グチャグチャ、
脳クンがテキトーにくっちゃべり出す、それでイイノダ!
それを「うんうん、ふむふむ」と、素直に書き(打ち)留めればいい。
こんな簡単なことが、なぜ敬遠されるのだろう?

ウダウダ、グチャグチャ“脳クンの言い分”に耳を傾けていたら、
オモロイコトがわかった!
脳クン曰く。「みんな、ドウイウワケか、ボクの言うことを却下するんだよ」
「えっ! 却下? どんな風に?」
「うまく書こうとか、どう書いたら恥ずかしくないかとか、うーん、そうそう、
 なんか、自分の思ってる・考えていることを、カッコヨク表現しよう、したい、
 そんな感じかなぁ」
「なるほど、それは自然なことだよ。でも、それには日ごろの仕入れとか、訓練とか、
 そういうのが必要だよね」
「ボクら“脳”現場にしてみれば、まずまず用件・要件項目が満たされていて、
 その並びが、相手に伝わりやすようになっていればOKだろう、と思うんだけど」
「その通りだけど? 他に、何が必要?」
「まあ、重要なコトと言えば、自分と相手は、同じ構造じゃない、ということかな?」
「同じ構造じゃない? それ、何の構造?」

「キミの顔と、アノコの顔は、同じじゃない、ずいぶん違うだろ?
 ボクたちの顔を見分けてくれるヒト、意外に少ないんだ。
 それで、ボクたちの黄色い顔と、黒い連中の顔をゴチャマゼにして、
 ナンダカンダと自分勝手な解釈をしたり、情報の並べ方をする。
 だから、それが、実はスゴクいい文章でも、ウマク伝わらない、
 そうじゃないかなぁ」
「そういうの、いい文章って、言える?」
「うん。万人向きじゃないけど、スゴクいい文章というのも、あるよ」
「そうだね、着物なんかでも、スゴイのが博物館なんかに展示されてたり、
 でもアレは、とても不便で着るには無理」
「そうそう、文章でも思考でも同じさ」
「思考?」

「思考。だって、文章は思考内容を言葉の並びでout putしたものだろ?」
「ああ、なるほど、そういえば」
「だから、思考内容をどんどんout put しているうちに文章はウマクなる。ほら、
 鍋の中でかき回すだけだったり、鍋の中に寝かせておくだけだったりすれば、
 いつまでたってもグツグツしてるだけで、そのうちグチャグチャ……」
「とにかく、鍋からつまみ出して、食べちゃおう! 残りが少なくなってきたら……」
「そう! 具を足す必要がある! なんてコトもワカルだろ?」
「そうか、そうか、とにかくつまみ出して食べちゃおう!
 そうすれば、足りない具とか、コレおいしいから、もっと増やそうとか……
 うんうん、コレ“おでん原理?” good!」

ああ、そう言えば、おでんの季節だね。

8194965989_fb2d72e08f_z.jpg
Photo by TAKA@P.P.R.S


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/499-f67fd7fc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する