FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.12.05

あっ! もう、師走だ!

月末の、苦しい苦しい、脳味噌を絞りぬいた支払いをヤットコサ済ませ、
カレンダーをめくると、「ナンダコレハ!“12 December 2018”」。
何度見ても、それは変わらない。
つまり、今年最後の“月、31日間”というわけである!

8301670484_8a58252917_z.jpg
Photo by Korona Lacasse

だからどうだ? ということも、「ない」と言えば「ない!」
しかし、この、あっ!と言う間の1年間、どこへ行ってしまったのだろう?
思えば「時」「時間」とは、不思議なモノ? コト? 概念である!

ヒトは、古来、この「時」とか「時間」とかいうシロモノと、渡り合ってきた。
そう、たまたまというか、ずーっと、というか、コイツラと
丁々発止と切り結んできた朝比奈は、このところ、毎晩のon bed読書の「顔役」に、
「空間・時間・数」なるものを据えている。
「時間」というヤツは、まるでオバケだ! そう、アインシュタインによれば、
「時・空」はお互いにコロコロと、テキトーに変わってしまうのだ!

朝比奈の毎晩の先生は、アインシュタインのポン友、エルンスト・カッシーラーである。
なぜかこの先生、ノーベル賞受賞の哲学者なのだが、日本では
あんまり知られていない。おそらくその理由は、
アタマの構造が、やたら複雑へ、複雑へと、
専門用語で表現すれば、分節化・分節化を深め、積み上げ、
とてつもないジャングルへ入り込み、彷徨することにある?
およそ、ご飯とみそ汁、焼き魚にお新香という、
日本人の神経にはツキアイニクイ、シツコイ輩なのだ。

しかしコレハ、junkyに、ハマッテしまう魅力がある!
うだうだグダグダ実に明晰な論理で、ヒトのアタマを引きずり引っ掻き回す。
回される方は、その酩酊状態が、じつに心地いい!
それがまた、鋭利な刃でスパスパと切り裂かれていく、
これはもう、「脳」がどんどん「マゾ化」していく心地よさなのだ! ということで、
毎晩、寝しなに2~3ページずつ、nightcapをなめるように味わっていく。

「空間内での方位決定は、意識がこれらの可能性を自由に思い浮かべ、あらかじめ
それらを直感や思考によって先取りしつつ考慮に入れることができる
ということを前提にしている。」と。
どうだろう? もう、眠くなってきたのでは………ムニャムニャ……
おやすみ~~~またねー コトン。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/491-25638712
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する