FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.10.05

「座禅で心も体もスッキリ」にご注意!

20180928asahi.jpg

朝日新聞9月28日(2018年、朝刊)の記事である。

座禅は、インド・ヨガの瞑想法が、中国に伝播し、独立・大成された技法だ。
近年の敦煌出土資料によれば、禅宗の初祖といわれる達磨大師(Bodhi dharma)は、
バラモン階級の出で、大乗仏教を志した。
大乗仏教の要は唯識(ゆいしき)説であり、今日の深層心理学の大先輩。
これが釈迦没後の瑜伽唯識派の説くところで、
瑜伽(ゆが)はYogaの音写である。そしてBodhi dharmaに弟子入りし、
ヨガの伝授を受けたのが慧可。慧可は面壁9年の達磨大師として知られている。
そして慧可に教えを受けたのが空海・弘法大師で、真言密教瞑想法を樹立する。
達磨の後、「禅」が宗派として成立したのは6祖慧能から。
中国の宋代に臨済・雲門の2宗が栄え、臨済宗は「公案」を使う。
一方、慧可→空海の密教瞑想法は「阿字観」や「月輪観」のように、画像を使う。
これは今日の画像文化の先鋒で、
視覚情報が脳機能の拡大に、いかに重要かを先取りしている。そして、
これら観法で、脳をダイナミックに作動させるには、
YOGA修練が不可欠であることも、彼らの著作に散見される。

雲門系統の曹洞宗は、正身端坐の坐禅、ただひたすら坐ることを説く。
日本には、鎌倉時代に栄西が臨済宗を、道元により曹洞宗が伝えられた。
現在の臨済宗諸派の修業の基礎を築き、公案を整理したのは江戸時代の白隠という。
(以上、ブリタニカ国際百科事典の記載など)

そしてお節介な余談だが。
記事には「約15分間の座禅を計3回行った」とある。
なぜ? 15分間なの? 脳の働き方からすると、20分1クールだ。
瞑想歴40年の朝比奈、なんと先日気付いたのだが……。
瞑想をするのにロウソクを灯す。
ホームセンターで何気なく、ロウソク箱に記されている
「灯火時間」を見ると20分なのだ! なるほど!
先人たち、そして業界はリサーチして、製造しているのね、アッパレ!

16428018938_f01d14ee6b_z.jpg
Photo by Joakim Berndes

もうひとつのオセッカイ。
小刻み瞑想をしても、意味がない! ですよ。
最初の20分間に“ある脳波のレヴェル”に入れなければ、
何回やってもその日はOUT! つまり、脳にその体勢に入れない事情があるのです!
日を改めて、チャレンジしよう!
瞑想のコツは、なんてったって、主体の「脳クン」都合に合わせることです。
「瞑想」は修行ではありません!「脳クン」の反応DATAを取りながら、
「脳クン」の喜ぶスタイルに合わせていくことが肝要です!
もし、本気で瞑想に取り組みたいなら、『意識の探求 神経科学からのアプローチ』
(クリストフ・コッホ/岩波書店)の一読をおすすめ。
「脳」システムを知らずに、脳のお仕事でオイシイことを得ようなんて!?

話は飛んで、新聞掲載写真のコメント。
瞑想(坐禅も含む)姿勢で正しいのは、座布団を3枚重ねて座っている男性のみ。
理由はaccessがあればご回答。(でも、わかるよね)重要なコトは、
NEURON神経バイパスが2本、脊柱の中を(下降・上昇)しているのだから、
この角度の取り方が最重要! 両手で○を作るなんて、イミナシ。
仏教者のコジツケはいろいろあるけど、単に手の置き場の問題で……、
手は自由にしておくのがGoodだし、瞑想中に身体をいろいろ動かすのもGood!
生命体は、ヒトのコジツケ理屈より賢く、彼らから、そう!「真如」がやってくるのだ!

そして重要なコト、「禅病」という抑圧意識の放出が電荷として現れてくる!
NEURONという電気屋さんの知識がある程度必要だし、そうした知見も、
現代では手軽に入手できる。なぜ? 昔のまんまで、やってるのかなあ?
詳しいことは、ご質問があれば回答します。たぶん、プロの方には必要かも。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/473-d316de44
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する