FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.09.25

不登校の未来は、どこへ行く?

そもそも、ヒトの人生に「責任」なんてものはない。
けれど、「学校へ行きたくなければ、行かなくていい」となると、
その結果予測は、そう簡単なものではない、のではないか?

「学校へ行きたくなければ、行かなくていい」という発言は、
「窓ぎわのトットちゃん」はなやかなりし頃に、大いに流行ったコトだ。
日本文化が経済力とともに大いに熟して、早い話が
「食べられる仕事が多様化」した時代である。
そして、若者・中年が食いつなぐことは容易くできた。

しかし経済が縮小し、中年も高齢に近づくにつれ、難しいことも出てきたようだ。
「学校へ行きたくなければ、行かなくていい」という無拘束が、高度情報化とともに
複雑化してしまった時代に、どれほどの適応力を維持できるだろうか?
たしかに、現代日本の義務教育内容が「とてもいい」、とは言えないかも知れないが、
スッポカシた人々より、法治国家の読み書き内容にそこそこ足りるコトは間違いない。
それは、識字という能力が、脳の論理的思考力を養う土台である、とすれば、
歌人(うたびと)でないかぎり、社会生活に必要不可欠な能力となる。

ここで問題にしたいのは、「特殊な場合」を「一般化する」ことの危うさである。
働き盛りの人々で、危機感を持って「読み書き能力」取得に取り組む人がいる
姿を見て、少なからず驚いた! 
義務教育時代に、「読み書き能力が、こんなに必要、重要なことだと思わなかった」と。
学校・教師・カリキュラム等々の問題も、凄まじくあるには違いない。しかし、
冷静に、視野を広くとれば、なかなかソコソコよくできているのだ。

「学校環境への不適応」が、多分に拡大解釈されては、いないだろうか?
そんな気分になったとき、『パラドクスだらけの生命』や
『進化の謎を数学で解く』を読む。いずれもアンドレアス・ワグナーの著作だ。
そこで繰り広げられているDNA、分子レヴェル、40億年を超える生命の戦い……、
これは、自然・生命そのものの姿である。熾烈な生存の戦いを生き抜いてきた生命、
その中で繰り返される細胞の自殺、これはオートポエイシス。つまりプログラム死だ。
もし初等教育から、こうした生命・生物の歴史を、数多くの植物や昆虫や動物や……と
身を接するように子どもたちが学んだとしたら……、
自殺サイトへの見方も変わるのでは? と思う。

現代ばかりでは決してない(昔はもっとひどかった)が、初等教育に従事する人々の
深い知性が少ないのではないか? もちろん、親も含めて。
高速で大量に流れる情報の奔流に曝され、
知性なく、うわべの知識に幻惑され、狂奔しているのは?
と思うのは、ロージンの杞憂だろうか?
というのは、ロージンがスマホとマゴにひれ伏し、
深い英知を語ることが無くなっているように思えるのだが……。

8302357227_a78748f10e_z.jpg
Photo by Matti Mattila


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/469-ee8d3386
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する