FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.09.21

根性と“いじめ”&“不登校”

先日、9月14日金曜の朝日新聞「若い世代」の投稿である。
14歳・神奈川県の中学生、荒木和真さんの投稿文の結び、
「根性をつける作業が時間の無駄のように感じるのは、
僕に根性が足りないせいでしょうか?」
という、ヒトを食った結びにニヤリ!
つまり、あなたは“いじめ”に遭わない。理由は、アタマがとても柔らかいから。

“いじめ”に遭うのは、それだけの理由がある。小学5・6年で、教師ぐるみの
徹底した“いじめ”に遭った朝比奈は、そう確信できる。ただ、
朝比奈の場合がそうだが、“いじめ”や“パワハラ”が大きな価値を産み出すには、
それを受ける側の、徹底した姿勢が必要なのだ。
「根性をつける作業が時間の無駄のように感じるのは、
僕に根性が足りないせいでしょうか?」
という問いかけは、
マジですか? or シャレですか?
ただ荒木さんは、重要なコトを見逃している!
それは、あなたのように賢く、柔軟な頭脳の持ち主が、
若い時に、往々にして陥りやすい穴でもある。
キミの怒りを恐れずに言えば、「スケールが小さい」のだ。
つまり、瞬時・短期間の結果を予想して、
バカバカシイように思えるようなコトには、取り組まないのである。

昔からの日本の言い伝えに「バカが世をもつ」というのがあるし、
古今東西の偉大な発明・発見・大仕事には、アルキメデスをはじめ、
バカバカシク思われていたことが、少なくない。スケールが大きく
真実に迫る事物ほど、一般世人にはバカバカしく見えるものだ。
そしてこれらは、「根性」なくしては、出現・実現しなかった事物である。

荒木さんは、「根性」そのものと「根性を傾ける対象」をゴッチャにしているのでは?
部活コーチのパワハラなどは、その出自である「脳力」が不足している以外にない!
そんなパワハラは、“セセラ笑う対象”でしかない!
自身の根性を注ぐ対象ではないのだ。そんなヤツとは即刻絶交!
“自身の根性”を注ぎ尽くすのは、自身が絞り込み、ホレ込んだ対象に対してのみだ。
14歳の中学生なら、古今東西の偉大な発明・発見、調査研究などの
書籍を読み込んで、根性や情熱をどのように掻き立て、注ぎ込むのかを、
しっかりと学ぶ必要がある。

そもそも、パワハラがなぜ? 起こるのか?
まず、考えてみよう。自分に自信もなく、周囲の信望も得られないヒトが、
自己のフラストレーションを晴らすために、弱者に対してとる行動だ。
14歳くらいの年齢なら、そもそも「コンジョー? What is it?」 と問うべきでは?
そして、「ソレ、昔の大日本帝国陸軍の発想じゃありません?」と。
コンジョーより、戦略と戦術、科学的な心身トレーニングの時代なのですが!?

7390038960_78fc641e3d_z.jpg
Photo by Schwarz Johann

ただ、「クーラーがないと勉強に身が入らない」という脳の活動性と、
「心頭滅却すれば火もまた涼し」という、意識コントロールの事実DATAと。
たとえばあなたが、好きな女の子と待ち合わせ、
スマホで「ここ暑いから、駅中のカフェに居るから」とメールするとき、
“コレって、根性ない男に思われるかなぁ?”と思うか、
“合理的な男と思われるかなぁ、けど今、小遣い充分もってないし……”とか。
オトナの判断には、情報分析・予測判断の要件が多いのですヨ。
いずれにせよ、たぶんヤラセだと思うけど、「僕に根性が足りないせいでしょうか?」
というのは、ちょっと「ヒトを食った話では?」

最後に、「根性をつける」のは、あくまでもGetしたい対象のvalueの問題!
ただ、根性と知性と両方あると、人生において便利なコトはタクサンあるよ。
なぜって? アタマだけじゃ乗り切れない、根性のないヤツはoutという
サバイバル・ゲームも世の中にはたくさんアルから。
いずれにしても、「根性」というジャンルは、0 VS 1ではイケナイ所へ、
行きたい場合に必要になってくるアタマとカラダの使い方、つまりRobustness。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/468-29c2b3b5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する