FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.09.14

涙の連絡品

♪忘れられない私がバカね……
今日もチャイムが、チャイムが、ピンポンと~♪
胸を躍らせ いそいそと……お届けもので~す!

待ちに待ったカステラが、代引きで、九州から飛んで来た。
Oh! 早速、TWININGS of LONDON THE Earl GREYを淹れ、
1人テーブルに着いた。テーブルには、ハチミツとクリーム・チーズがスタンバイ。
お気に入りのRichard Ginoriのケーキ皿にカステラを厚く1切れ、
クリーム・チーズを載せ、ハチミツをたっぷりかける。
まず、Earl GREYをひと口。ゆったりとフォークで切り分けたカステラを口へ。
ふんわりと、あのシフォンのような舌触り、ずっしり重量感のあるコク。
ザラメのジョリッとした歯触りと濃厚な甘い香り、う~ん天国的!
ウッ! こりゃぁなんだ! ガチョン!ショック!!

たしかに、新聞広告の値段は「切り落とし」ということで、安かった。
広告のカラー写真もおいしそう。
そして何より、スーパーで購入するご当地カステラでも、失敗経験はなかった!
それに、九州は鶏卵の産地がいろいろあるし……と、+マインドが加算したのだ。

なんだコリャ? ザラメが敷いてない!
驚くなかれ、小さなポリ袋にザラメらしきものが……。
ちょちょっと! ザラメは敷いて焼くもんじゃぁ?
熱で融けたザラメをカステラ生地が吸い上げ、底に香ばしい焦げ目をつくり、
濃厚な甘味で鶏卵のコクと香りを引き立て、融け残りのジョリッという舌触り
……。
このハーモニーがあってこそ、谷崎潤一郎をはじめ、
明治以来の文人たちがカステラを愛してやまなかった理由だ。

俗に桐箱入りと呼んでいる商品は、たしかに格別だ。が、普段用でも、
○○屋などのスーパー売り用でも、基本は外していない。だから、安心して購入する。
もちろん、九州産のスーパー品で立派な品があり、これも愛用している。

「モンドセレクション」云々。このタイトルにお金が躍っていることは、
10年以上前から知っていたが、
客として、これほどバカにされたのは初めてである。
ザラメが別袋で添付なんて、想像を絶していた! 何を考えているの?!
つまり、製法自体が基本手法ではない、ということ!? それでも旨けりゃ結構だが。

DSC02391_3.jpg


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/466-c4be4938
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する