FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.08.16

ヘリって、ほんと恐い! を体験

8月10日、群馬県の防災ヘリ「はるな」が墜落した。
これは、全長17.1m、幅2.8mで、定員15人というかなり大型機だ。
大型の主回転翼(メイン・ロータ)を高速回転させ、垂直に離着陸し、
前後・左右・上下と自在に飛行できるうえ、空中でホバリングが可能なヘリ。
災害時の救出などで、ケガ人を釣り上げている光景などが報道される。
朝比奈は子供のころ、竹トンボを飛ばしていて、この原理を思いついた!? が、
レオナルド・ダ・ヴィンチが15世紀に考案しており、
スケッチが残されていることを近年、知った。
レオナルドは、ロータを回すエンジンを発明しなかったのだ!

子供のころから乗りたかった(遊覧飛行などは嫌なのだ)思いが実現したのは、
紅葉名所の空撮をヘリでやる、という企画。今回、墜落したのは15人乗りという、
大型だが、朝比奈が乗ったのは、パイロットの他2名という竹トンボ並み。
地方の県道などの上空をのどかに飛んでいると、洗濯物を干しているお母さん、
耕運機に乗ってトコトコと行く麦わら帽子のオジサンなどが、実に楽しく見えるのだ。
やがて塩原の紅葉から猪苗代湖畔の紅葉と、めくるめく錦秋を撮影し、
蔵王へ向かった。山斜面の錦秋をシャカシャカやっているうちは良かったのだが、
撮影指示書には「蔵王のお釜」を撮って来い、とある。
Oh! 「お釜を空から見下ろせるのね、ルンルン」。

5180894103_f77969b665_z.jpg
Photo by Atsushi Kase

ヘリがお釜に近づくと、機体がグラリ、ヒヤリ!
「山の周辺は気流が安定しない。谷からの上昇気流と、強烈な太陽光で
熱せられた地面からの上昇気流と……、あの雲が原因です」という説明は緊迫している。
驚いた! 真っ青な空を流れる白雲の速さ(これは、機体めがけてすっ飛んで来る!)
ということは、風も強いのだ!
視界には、葉っぱだの旗だの洗濯物などはないから、“風は見えない”のである。
風と雲の流れに翻弄され、戦いながら、ちっちゃなトンボは、
お釜の上空に近づいたり、急遽逃走したり、上へ下へとバトルを繰り返す。

もう「終わりに」という直前に、朝比奈は急遽脱いだウインド・ブレーカーの中に、
胃袋の内容物を入れ込んで青ざめていた。そして庄内空港に不時着し、
よろよろとwind breakerを始末し(トンボヘリの中には、トイレもゴミ入れもない!)、
ヨロヨロと、所定の花巻空港へ向かったのだ。
航空機が乱気流に巻き込まれた、大揺れの騒ぎも2度、体験していたが、
ヘリの大揺れには、いろいろな面で“ユルミ”がない。
ほとんど目に見えない気流の動きで、墜落が口を開けているのである!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/453-81134ac7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する