FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.07.26

英雄伝とはいいもんだ!

気分がダウン系で、いま三(イチでなく)パキパキしない。
こんな時には瞑想を? という状況にはなれない。理由は、
脳クンがオサボリ・モードなのだから、ロクな収穫はないのだ!?
「瞑想は、心を落ち着けるようなコト」ではなく、脳クンから、
何かいいネタを、ぼったくってくるために、行うのである!

と言うことで、ダウン系脱出の妙薬は『プリューターク英雄伝』(澤田謙/
講談社文芸文庫)である。読み始めれば、わくわくイクゾー!!!と、
勇気・ヤル気がりんりんと湧き出してくる。

plu.jpg

大王アレキサンダー、英傑シーザー、哲人プラトン? 智謀テミストクレス、
怪傑アルキビアデス、大豪ハンニバルなどなど、胸躍る男たちの大活劇。
しかし、「それは英雄伝だから、そうでしょう」ということになるが、
なんて、ヤツラは戦争が好きなんだ!
日本の戦国時代の、武田信玄だの上杉謙信だの……あんなのは、好みじゃない。
じめじめしていて、ダサイのである。

イクサ話なら、やっぱギリシャ、スパルタ、カルタゴ、ペルシャ、ちょっとローマかな?
戦争の洗練度、オトコの魅力が違うのだ!
だから、国々の女たちが戦争好きになるのも、無理はない?
とか言ってると、叱られちゃうのでヤメルが。ちょっと、名言を。
「ああミヌキウスの自滅は、彼が望んだよりは遅かったろうが、
予が心配していたよりはあまりにも早過ぎたぞ。」そして軍隊に向かって叱咤した。
「進め者共。進んでミヌキウスを救え!――」そして、ミヌキウス曰く
「われらはハンニバルに敗れて恥辱を得ましたが、卿に敗れて幸福を得ました。」と。
とにかく、イイオトコが目白押し! 楽しいなぁ、お休み。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/447-5362ca87
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する