FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.07.10

【オウム事件 言葉にする努力を放棄】(寄稿/作家 高村 薫)氏へ

20180710asahi.jpg
(朝日新聞、2018年7月10日掲載)

高村氏は、「オウム真理教が私たちに教えているのは、
非社会的・非理性的存在としての人間と宗教を、
社会に正しく配置することの不断の努力の必要である。」
と、稿を結んでいる。

寄稿内容は、まことに正論で、論駁の余地はない!?
しかし「オウム真理教事件」を語るには、
実態面において、ある種の“根本的ズレ”のあることは、否めない。
ヨガはわりに効率よくこの特殊な意識体験を得られることから――
麻原を教祖と仰いだ若者たちも――自分の身体に起きる直接体験ほど
強力な体験はないため――信心は道理を易々と超えてゆく」

続く高村氏の寄稿文は、拡大してご参照を!

まず、朝比奈が「オウム真理教事件」に対して、とりわけ姿勢を正すのは、
朝比奈がYOGA屋であり、オウム真理教ヨガを筆頭に、
あまりにもオロカなヨガが世間に出回っていることに常々、腹を立てているからであり、
野間文芸賞や大佛次郎賞受賞の、取材を十二分にされた作家先生が、
「非社会的・非理性的存在としての人間と宗教を……」という、
表現をされていることに、少なからざる“違和感”をおぼえたからです。

付言すれば、当初、朝比奈のYOGA教室の名称は「オーム総合ヨガ学園」で、これは、
「オウム真理教」スタートの数年前から開始。
そして、上記事件で風評被害を受け、特別コースを除いて閉鎖しました。

結論を急げば、上記記事で高村氏は、「宗教の犯罪」と括っているが、
これは一面にしか過ぎない。最大かつ最も危険であり、おぞましいのは、
彼らが行ったマインド・コントロールの手法である!
密教の護摩焚きや、キリスト教のオラトリオなど、伝統的手法ではなく、
ヘッド・ギアなる特殊電磁波発振装置を組み込んだヘルメットをかぶらせ、
脳神経に直攻撃を与えて、洗脳を行ったことだ。
これは、戦闘地域で、スパイたちから自白を得るために使用される
オゾマシイ手法にほかならず、国際的には一応、禁止されている。

これらは、サリンなどと同様に、教団の頭脳派と呼ばれた連中が開発したものだ。
社会・人生の深みを知る努力をせず、
現状に不満を募らせるヒトビトが、手っ取り早い“自己顕示法”を入手するための、
恰好な武器であり、彼らはソレを他人(信者)の、洗脳に利用したのだ。
「信心と帰依は信仰の本態である」「社会制度や通念とは相容れない」
高村氏は述べるが、古今・汎世界的に、
「信仰」とは“自己を何ものかに仮託し、自己を超越する所作”ではないか?
オウム真理教の上層部信者は、ヴァーチャルな世界に“超越”することで、
(そもそも宗教はすべて、ヴァーチャルなcognitive businessなのだが)、
自己顕示欲を満たしたわけではないか?

「人間と宗教を、社会に正しく配置することの不断の努力」より、
長い「人類史」「思想史」を、客観的に詳らかに教えることのできる、
人材の育成に期待したいところです。
また、高村先生のご意見をお聞かせいただければ、幸いです。

朝比奈桐子 拝


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/444-144fcba8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する