FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.07.06

七夕とMilky way

7月7日は七夕だが、近年はスーパー・マーケットのdisplayでそれを知る。
近隣の幼稚園児の作品が、笹っ葉とともに、
天井やらガラス壁やら、あちこちで大賑わいだ。楽しいといえば楽しいが、
商魂たくましいなぁ、スゴイ販促アイディアだなぁと、ニヤニヤしてしまう。
「ほら、ボクのだよ!おばあちゃん見て!」と大はしゃぎする子供たちこそ、
この日、特別の大得意様だ。「あらステキ、上手ねぇ」と褒めるおばあちゃんは、
カートの中に、孫の指差す商品をポンポン入れて、ホクホク。
レジのおばさんもニコニコ。が、意外にも、Milkは売れない?

近隣に各国大使館がひしめく地域だけに、外国人親子も少なくない。
そして七夕に関係なく、Milkをぼんぼん買って行く。
「七夕祭り」が天の川、Milky wayにまつわるお祭りだなんて、
「日本文化を学ぼう」会員でないと、知らない?
そうそう日本人も、近年のオトナは“天の川”といわず、“銀河”と呼ぶ。
朝比奈も銀河派だ。英語だと“Galaxy”。
湿度の高い日本列島の夏では、ぼんやり優しく見える“天の川”が似合う?
大河ほどの迫力では見えないのだから。

640px-Milky_Way_infrared.jpg

前に、このblogに書いた(→コチラ)、中国の果てしない砂漠で見た
大スケールの銀河は、無事だろうか?
途方もない幅の高速道路を、地響きと黒煙を上げて突っ走るトラック群の排気ガス、
沿線にひしめく工場群の排出煤煙の影響で、もう、とうに、
数十年前の銀河の、茫漠とした白い光の大河は、なくなってしまったに違いない。
そして、神話も民話も消えていき、人々の心にも煤煙が立ち込めてくる……。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/441-cc5f3341
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する