information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.06.26

カメとネコが大集合!?

明るい海を背に玄関へ入ると、ほの暗いカウンターの上に、
カメ君が勢ぞろいで出迎えてくれた。大・中・小すさまじい数である!
ビックリ仰天の朝比奈に、「最初、少し手元にあったのを並べたら、
皆さんが、世界各地からのおみやげにお持ちくださって」と、
さっぱりとした奥様のお話。
もうずいぶん昔のことだが、作曲家・團伊玖磨氏のお宅を訪ねた時のことである。

カンドーした朝比奈、実はその頃、那智黒(那智石)のチビカメ2匹をもっていた。
そうだ、カメコレをしてみよう! と思い立って、以来、ぼちぼちと、
旅先でカメを見つけては購入。
シエナのカメ、ローマのカメ、ナポリのカメ、瀋陽のカメ……。

DSC02363-2.jpg

そして王者は、全長35.5㎝、タイマイのはく製。これは、超貴重である!
というのは、1975年に絶滅危惧種B類に指定され、
環境省のレッドリスト入りしており、ワシントン条約で捕獲禁止になっている。
朝比奈のタイマイ君は、それ以前、鼈甲細工華やかなりし頃に展示用として
輸入されたものだったということは、購入時にcheck済。

♪もしもしカメよ、カメさんよー♪でおなじみの、歩みのノロさが、
朝比奈にきょうだい愛を彷彿させ、それが彼をこよなく愛する理由である。
まあ、そんなこんなで70年も、海底ならぬ世間底を這いずりまわってきたけれど、
時より、スーイと南の海の、サファイア色の海面近くをゆったり泳ぐ。
いいなぁ、カメの寿命は長いというけれど、の~んびり、ゆらゆら生きてみよう。

「そうそう」、と相槌を打つのは、おちゃめなネコ群。
ロンドン、パリ、ザルツブルグ、ミラノ……からやってきた、
生意気な目つきの奴らが、なんともかわいいのだ!

DSC02369-2.jpg


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/435-0f459d36
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する