information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.06.19

救われない深さ?

6月16日の土曜、午前中のYOGA授業を終え、相棒Sと神保町へ急いだ。
岩波ホールで『ゲッベルスと私』を観るためである。
岩波ホール創立50周年記念作品ということだから、1カ月前から楽しみにしていた。
撮影当時103歳という女性の、体験の語りに資料映像が加わるという、
モノクロームのオーストリア映画、2016年の作品である。

german.jpg

凄い! そのオゾマシサである。
かつて、ナチスのNo.2であったアイヒマンの裁判に立ち会った、
ハンナ・アーレントの映画を観た。
同時代に同じベルリンに生きた女性2人、こんなにも違うものか! と、
ゾッとした。それは、無意識のうちに、自分自身に重ねたからである。

ナチスの宣伝相、ゲッベルスの秘書であったブルンヒルデ・ポムゼルは、
「宣伝省の階段を貴族のような面立ちで登ってくるゲッベルス……
非の打ちどころもケチのつけようもない人……」と語る。そして、
「スポーツ宮殿で語るゲッベルスは、大声でがなり立てる人に豹変した。
“演技力であの人に勝てる役者はいないわ”」と。
彼女は、追憶の中に、今もワクワクする過去を自慢げに、
深いシワに畳み込まれた象皮のような顔を、上気させ表情豊かに語る。
103歳、義歯はなく、語り口は正確で、カクシャクとしている。
時々見せる恥じらいの表情が、あまりにも語り内容とのGapを感じさせる。

「私に罪があったとは思わない。ただし、ドイツ国民全員に罪があるとするなら
話は別よ。」と語る彼女は、戦後、ロシアに抑留され、
親友ともいえるユダヤ系女性が送られたアウシュビッツと同様の収容所のガス室で、
シャワーを浴びることになる。その回想に出てくる親友への悔恨はない。
彼女の心性を貫いているのは、“私は悪くない”“あんな社会状況なら、
誰だって、そうするしかないわ”である。そして、
ナチ党員になって、宣伝省で働いた日々を楽しげ、自慢げに語る。
最後に「私はバカだったのよ、何も知らなかったのよ」と。

「私は何も知らなかった」「上官の命令に従っただけだ」、だから罪はない!
これは、アイヒマンが法廷で強く言い放った言葉、そのものである。
この心性は、日本人にあるだろうか?
『日独伊三国同盟』で、戦争をした日本である!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/434-2f5f1876
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する