FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.05.25

ギャンブル依存症対策!

カジノ法案が国会審議入りしたから、mediaで、「ギャンブル依存症問題」のrushだ。
「依存症対策がおざなりなままカジノが導入されれば、大きな社会問題になるだろう」と。
まったく、その通りである。しかし、カジノが設置されなくとも、
ギャンブル・マニアは、net上で国際的に行っている。「蛇の道はヘビ」で、
驚くべきスケールだ。カジノという“場”に出向かないでいい手軽さ、また、
スピードが速いことも特徴だ。

5月23日、朝日新聞朝刊「ギャンブル依存症『完治はない』」の記事で、
「パチンコに20年で4000万円」という、東京・多摩地方のアルバイト男性(46)の、
「自分がギャンブル依存症だと気づかなかった」、
「自分の力では自覚することも、回復することもできない病気なんです」
という言葉が印象的だ!

朝比奈は以前、mediaの仕事で、パチンコ業界を取材し、
かなりdeepなところまで知った。台makerとパーラー(店舗)は、
射幸心をどこまで煽って利益を上げ、警察など取締筋とせめぎ合うという、
パチンコPlayするよりはるかに、ドキドキ・ハイになる経験をした。
その時、初めてパチンコ体験。錦糸町駅近くの店。
1000円で買った玉が、一瞬で消えた! ああっ! ああ……
呆然としていると、隣席の、足元の箱に出玉をいっぱい入れているオジサンが、
両手いっぱいの玉を、朝比奈にプレゼント。それで、もうイッチョ行こう!
あっ! と、消えた。この時、デジパチの恐ろしさが、身に染みた。
オジサンに頭を深々と下げ、店を後にした。

パーラー内の台と、出玉率は、すべてコンピュータ管理されている。
何時~何時は、どこの島(台配置)でどれだけ、Playerの腕状況で、
儲けさせる、遊ばせる、回収するなどなど、複雑なalgorithmで運営されている。
まさにデジパチ、コンピュータ・Gameそのものである!
買い物帰りにチョイと立ち寄るオバサンたちは、
デジパチ(Digital Pachinko)時代のパチンコが、
カジノのルーレットより怖い! ということを、どれほど知っているだろうか?

3584973057_12707a5337_z.jpg
Photo by AHLN

「依存症のカギ」は、手軽さ、日常性である!
これこそが、「自分がギャンブル依存症だと気づかなかった」という点だ。
依存症を脱却するために、「自らを客観視することで、立ち直りを目指した」と、
冒頭の男性(46)は、語る。これは、深い! 根本が深い!
パチンコを始めるずっと以前から、つねに、自らを客観視することなく、
mediaにあふれる情報にオボレながら、生きていたのでは?

そして、いつしか自己をmediaにあふれる「神話」に売り渡していたのでは?
自己の手綱を取る、それこそ無限大の可能性を与えられたヒトの脳の、
最も重要なシゴトなのでは?

リハビリ施設で、「……半年ほどすると、仲間の3分の2ほどが回復できないまま
姿を見せなくなった。……完治することはないと思っています」と。
「東京・多摩地方のアルバイト男性(46)さん、リハビリ施設の、
方法論がクイチガッテいる、ということに気付きませんか?!」
通所者同士で体験を語り合って立ち直れるくらいなら、
「依存症」は「疾患」ではないのです! 脳のsystemを学びましょう!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/427-975bfdbb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する