FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.05.02

セクハラorパワハラはオモロイGame!

前回、セクハラについて述べたので、今回はパワハラ。
朝比奈は編集屋だが、ギョーカイでは“ヘンプロ”と呼ばれている。
差別意識を持ち、差別用語として呼ぶのは、大手・中堅の出版社のヒトビト。
それにならって、自ら「ヘンプロで~す」と名乗る方々もおわす。
当然、ヘンプロと呼ばれる方は、企画からフィニッシュまで、
版元(出版社)の担当者を、オンブにダッコで仕事を遂行する。
この事実をWin×Winでウマク利用するカシコイ人もいるが、
編集屋をヘンプロ呼ばわりして、パワハラに徹するバカ者も、男女ともに少なくない。
「ヘンプロで~す」と名乗る方々は、「仕事をくれさえすればOK」だ。

しかし、人類はもちろんすべての生命体は“みな平等”の思想を持つ
朝比奈は、差別には反対!である。
そして何より、いずこの社会でも、差別をするヒトは少なからず問題者だが、
それを言うと“差別”になるから断じて言わない! そこで、どうするか?
楽しい戦略Gameの導入である! Gameに勝つためには、徹底的に相手を研究する。
「○○ハラ」とか言って、被害者modeになるのは楽しくないし、負けである!
救済センターみたいな所に行くのは、ミジメである!?
DNAに仕込まれた生命体の法則は、「ヤラレたらヤリ返せ」である。
確かに、救済センターみたいな所にHelpしてもらってヤリ返すのも一手だが、
それは「被害者mode」で、自ら“ヤッターッ! そらね”という達成感がない? し、
次々と、救済者頼みをしなければならない。

だいたい「○○ハラ」をするヤツは、本質的に弱く、賢くない、スケールが小さい。
なぜ?って、自分が強く・賢ければ、「弱い者イジメ」なんて、しているヒマがない。
そして何より、「自身が強くもなければ、賢くもない」ことがわかっているヤツだから、
「弱い者イジメ」で、憂さはらし&優越感を味わおうと、企むのだ。
こんなヤカラを「オトす」「トバす」「ハメル」のは、わけないコトだ。
スリスリして、ちやほやして、おだて上げる???
そう、「あなたのように人格が優れ、実力のある立派な人は、応援したい」
そして、相手が男で自身が女性なら、
「よほど素晴らしい女性たちに、チヤホヤされてるんでしょうね」と。
アクセスされそうになったら、「えっ! それほどお困り?
私なんかにランクを落とすこと、ないでしょ! では、ご健闘を!」と。
これで引き下がらないオトコは、オオカミclassなので
body guardに他者(別の、前者よりいい男)の協力を仰ぐべし。

「ホント話」をすると、多くの女性が「イヤなヤツ」と感じ、思っている反面、
“attack”された事実を、深層では「自分の魅力」と認識している? だって、
「そんなヤツにもスルーされるほど、自分に魅力がないなんて思えない」から。
ホントに“被害”に遭いたくないなら、「カワイコちゃん面しないこと、でしょう」ね。
これ、マチガッテいます? よーく、ご自身と話し合って欲しいなあ。

「パワハラ」の方は簡単。だって、パワハラするヤツは、
土台バカで気が弱いのを、エリマキトカゲしてるんだから、
持ち上げて、持ち上げて、その間に、いろんなゴマカシ情報を収集し、
戦略的にスッコカス! 上位組織は、その種の情報を喜ぶものだ。
なにしろ、そんなヤツは、自身に頭も力もないから、エリマキトカゲするしかないのだ!

Frill-necked_Lizard.jpg

こんな簡単でうれしい処理法はない! というお助け組織は有難いけれど、
長い人生、他人頼みじゃぁ、次の難所もまた、
同じレベルでやってくる。まぁ、堂々巡りもいいかぁ?
でも、自身で賢く切り抜けなくちゃ、いつまでたっても……ねぇ。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/418-60360a54
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する