FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.04.27

食のパラダイム・シフト

このところ、新聞の折り込み広告と郵便受けへの投入広告に、
異変が起きている! もちろん、朝比奈居住の狭い地域のことかも知れない。
異変は、食事セットの宅配メニュー、米や野菜の産地直送パンフの、
驚くべき多さ。だが、それらを並べてじっとアタマを巡らすと、
高度情報時代の姿、そしてコスパ(cost performance)思想を徹底させた
Business 戦略のトレンド、流通革命の姿が浮かび上がる。

先日、たまにはlunchを外で、とサービスtimeに出かけた。
3軒がcloseしていた。ほんの1カ月ほどの間に、である。
翌朝の折り込み広告と、郵便受けに入っていたチラシ広告で納得!
たしかに、盛り場&その隣接域でなければ、この方が効率がいいのだ。
店舗面積と客の滞留時間と売上効率を計算すれば、
かなりの規模の盛り場&その隣接域でなければ、コスパが悪い。
つまり、飲食の「飲」+「遊」がなければ、1日当りの売上率を伸ばせない。

ここで、「食」と「飲」+「遊」を、キッパリ2分化する、
極めてコスパのいい方へシフト!
つまり、「地価」と「人件費」を極限まで圧縮する。
そう! 出前に徹するのである。キッチン、電話、パソコン、
ヒトは料理人と、バイクでバイトの時間限定delivery staffでOK.
使い捨て容器だから、回収なし、洗浄なし、と合理的だ。
驚くのは、チラシ広告、電話応答など、すべてがほぼ同一スタイル。
たぶん、専門のdelivery開発会社がsystem化しているのだろう。

DSC02352_2.jpg

ともかく、顧客の方も極めて便利なのだ。
電話をする → 登録された(一度、利用すると自動登録)名前を言えば、
届け先と名前の確認が行われ → メニュー番号と時間指定でOK。
バイクでお届けのオニイサンたちは、いずれも礼儀正しくイケメンでかわいい。
ナント! このチラシが投げ込みラッシュなのだ。
各店ともメニュー構成と素材・価格の競争に注力。
そして、中小店舗がどんどん閉鎖! たしかに店舗を持つより、
はるかにコスパがいい。そして、1人暮らし生活にもコスパがいい。

今日はトンカツ? イタリアンか、和食か中華か天ぷらか……、
サラダくらいは自分で作る。
しかし、これではバチが当たる? と、自作にも挑むが、
米も玉ねぎも、重たいものは、FAXやMAILを送ると産地から飛んでくる。
ああ、10年ほど前に原稿を書いた、高度情報時代の生活が、目の前にやって来たのだ!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/416-6e333abc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する