FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.04.20

人を傷つける人も認めるべきか

東京都 16歳の高校生、都築颯太さんへ。

4月20日(2018年)の朝日新聞朝刊への投稿に対して、ちょっとadvice。
基本的に、「みんな違ってみんないい」!
都築さんは、「言葉の持つ意味(意味論)と、感情問題」という、
いわばcategory mistake のモンダイにハマッテいるのでは?
日本文化においては、これまで「理屈っぽい」とか言われて嫌われ気味でしたが、
Globalな感性が不可欠な現代では、モノゴトを考えるのに、
category概念は不可欠です!

まず、あなたの「人を傷つけるような人」と言う場合。
刃物といった凶器で傷つけるなど物理的な行為で傷つけるのか、
感情領域のそれとでは、本質的に違います。
「凶器」など物理的な場合には、「事実状態」が客観的に証明され、
“動かしよう”がありません。
しかし“言葉や素振り”などの場合には、多分に受け手の受容状態に左右されます。
たとえば、あなたが“なんとも思ってない”女子に「ヤナヤツ」と言われても、
「オレも同様!」ですむ?! けれど、好きな女子に「ちょっとねぇ」と言われたら、
Shock! では? つまり、傷つくかどうかは、主観的な問題

そこで、“人を傷つけるような人”という概念は、固定的ではないことに注意。
世の中には、呆れるほど“人を傷つけるようなコト”を平気で次々やっている人もいる。
そんなヒトに出会ったら、Phaseを即、変えちゃう。すると、影響を受けない。
個性を認めるとか、受け入れるとか、メンドーな心的操作は不要。
「どちらが正しいのか分かりません」? これにはビックリ仰天!
この宇宙SYSTEM すら相対性理論で相対的だし、量子論で存在したりしなかったり。
「正しい」なんてその時バッタリ、全くの空想なのだから「僕の頭脳」は実に自然!

回答へ!
Case by case! あなたのDNAに聞け!「そんなこと言われても~」でしょ。
そこで、オススメは『利己的な遺伝子』(リチャード・ドーキンス著、
日高敏隆・岸由二・羽田節子・垂水雄二訳/紀伊國屋書店)を、読みましょう!

selfish.jpg

あなたのDNAがキチンと方向を示してくれます!
なにしろあなたのDNAは、
40億年もしたたかに闘争をしながら、勝ち抜き、生き抜いてきたのですから!
“甘っちょろいみなさんの考え”なんかに左右されない、
40億年の自分史と、真正面から向き合うことです!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/414-aeeb95c8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する