FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.04.13

ああ、時間に追われているのに!

このクソ忙しいのに、職業習性で毎朝、新聞の書籍広告を見てしまう。
そして腹を立て、blogで八つ当たりするのです。どうぞ、お笑いを!
今朝の沸騰は、
「一人でいることに、誇りを持つ。すると人生が拓けてゆく!」というcatch。
書籍名は『極上の孤独』だと言う。

ちょちょっと、待ってください!
驚きの第一弾は、“誇りを持つ”だ。「埃」? の誤植ではないかと、再度確認。
誰が? ホコリなんか持ってるんだ? 掃除しなきゃ、ダメでしょう。
視力が弱くなって見えないけど、ホコリの中にはバイキンがウヨウヨなのだ!
「孤独の効用を語り尽くす」という同書、メニューは色々勢ぞろい。

★「年をとると品性が顔に出る」?
★「孤独を知らない人に品はない」?
★「孤独を知る人は美しい」?
★「素敵な人はみな孤独」?……

なかでも「孤独を味わえるのは選ばれし人」というのには、正直マイッタ!
「選ばれし」って、誰に選ばれたの?
ああ、何歳だか知らないけれど、
「あなた、ミッション・スクールのお嬢ちゃん?」
どうでもいいけど、この手の本を買う人は、
どこまで行っても、どんどん孤独にまっしぐら、じゃない?
だって、そういう人の孤独は「自分が華々しくちやほやされない」ことが原因。
人間、歳をとれば、介護施設内でなければチヤホヤされない。
にもかかわらず、世間で、いつまでもチヤホヤされたい?
これは根深い! 本態性孤独なんだから。

14221720138_03742afa8b_z.jpg
Photo by iamsch

あ!ヤバ! もう、始まっちゃう! と、まあ、
本日もうるうるするTV番組、「場と時間空間の物理」。
放送大学の授業へGo!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/411-5cf89627
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する