FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.04.10

抱腹絶倒の理論物理学者?

このところ毎晩、on bed で両脚をバタつかせ、七転八倒笑い転げている!
『ご冗談でしょう、ファインマンさん』(岩波現代文庫)がamazonから飛んで来て、
目下、ぞっこん、カブリツキで、目が飛び出しているのだ。
この文庫は上・下2冊で、(下)の方が先に飛んで来た。
なにせ朝比奈は、数十頭の羊なみの紙食いだから、価格優先・中古書狙い。
だから、上・下別々の書店から飛んで来るのは当たり前。
そして、到着順に読み始める。どうせ2冊そろっても、並行読書なのだし……。

その昔「天は2物を与えず」という格言? を信仰していて、と言うより、
1物(美&知性のどちらも)も持ってない朝比奈は、やむなく、
丸見えの「美」は放棄し、ベンキョーすれば多少ともゴマカセル?「知性」を信仰。
しかし「知性」も、アタマの中身が悪けりゃゴマカシようがないことに、
気付いたけれど、はかない望みをかけて、いまだ奮闘中である。

Richard_Feynman_Nobel.jpg

??何の話だっけ? そう、そう、ファインマン! ぶったまげた!!
この男、ノーベル物理学賞受賞学者だけど、はちゃめちゃ文章がウマイのである。
しかも、ナンセンス。筒井康隆先生もたじたじ? というほどのナンセンス度!
なにしろ「オハナシ」が実体験だから、ナンセンスが真にリアルなのだ。
ベガスに滞在し(マレー・ゲルマンたちは通い)、ショウに出る女のコたちを狙っていた。
彼“をcatch”した美人は、なんと! 大物「ジョン・ビッグ」の女房。
若きファインマン先生は、女房を追ってきたジョン・ビッグと彼女を仲直りさせ、
「助手か子分の役をしてみようと」――「ねぇジョンのだんな」
「その辺ぱちぱちやって歩きませんかね。フラッシュ持ちますよ。」てな具合。

親分・子分の“オモロ楽しい”話が目白押し。
ぜひぜひ、お読みください! 涙と鼻水を拭くティッシュをご用意!
湯川秀樹先生や南部陽一郎先生とは、
“ぶったまげる”ほど大スケールのナンセンス違い?
もっとも湯川&南部両先生の場合、そもそも“ナンセンス”はnonsenseなのだ。
南部先生、周囲のmodeに刺激されたのか、『クォーク 第2版』BLUE BACKS で、
たった1カ所、苦心惨憺のjoke? らしきモノを飛ばされているが……トホホホ。
日本勢はマジメでいきましょう! 合点承知!
で、ファインマンの“ぶったまげnonsense”の続きも、お楽しみに。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/409-b3a97b9b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する