information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.03.22

韓国、揺れる低学年の英語、これは他山の石?

少し前の話だが、「揺れる低学年の英語」という見出し(朝日新聞2月27日、朝刊)は、
韓国の話である。公立の幼稚園や小学校での「英語課外授業」を、
政府は「子どもの負担を考えて廃止しようと」。
問題の核心は、“韓国の激烈な競争社会”にあるらしい。
日本でも「英語問題」は、対岸の火ではない?
しかし英語のデキナイ朝比奈は、なぜ、それほどメクジラを立てるのか? と思う。

8508798913_8a283464de_z.jpg
Photo by KOREA.NET - Official
page of the Republic of Korea

日本社会では、ラジオ・TVの放送やCDなどによる独習法があるが、韓国には?
国際情報誌“itn Open!”を編集・発行していたころに朝比奈は、
しばしば、さまざまな国の在日大使をインタビューしていた。当然のように、
インタビューは英語が中心である。どの国でも、大使は英語が達者である。
朝比奈は英語が×だから、通訳を同行するか、日本人の大使館員にお願いする。
ここでしばしば“問題”が起こる。

通訳たちは、自分の知らない言葉を含む部分は、
トバシテ帳尻を合わせて通訳する。経済や医療、サイエンス技術など、
technical termを含む部分は、少なからずトバシに合う。
一方の朝比奈は、英語は×でも専門用語と、その世界のlogicを知っている。
そこで、ツッコミを入れる(仕事なのだから)と、通訳はお手上げとなる。こうなると、
ペラペラ英語より、たどたどしくても構造的な対話の方が、格段に了解し合える。
通訳を介すより、大使と直に合意できたことも多い。
言語以前のcommunication能力、つまり双方の合意点をどのように模索していくか、
という能力の方が重要なのだ。

欧米人などには、6~7カ国語を操る人が少なくない。
それは、言語系統が同じだから、文法の異なる部分さえ了解すれば、
あとは単語だが、これは近似の語で説明を加えていけばいい。
英会話教室へ通い、ペラペラ話すヒトが、じっくりと問題Xについて語り合おう、
という場合には、おおむね「?」である。それは、日本人同士の日本語でも同様だが。
英語だけが特別であるわけではない? 
より正確にいえば、日本語構造で成長した人は、印欧語族と発想が違うので、
その部分をadjustして表現する必要がある。とすれば、少ない語数でも、
かなり用は足りるうえに、「あなたの表現にはもっと適切な言葉がある」と、
教えてもらえることも少なくない。

もっとも不快なのは「ペラペラと、空疎な英語を並べ立てる」こと。
相手はニコニコしていても、「困ったもんだ」とお付き合い。そんな光景を、
街中で見かけることがある。日本人の方は若い女性の場合が少なくない。
communicationとは意思・思考の伝達であり、
conversationは会話の駆け引きに優れていることで、
単に英語をうまくしゃべるのはgood at speaking English。これには、
その人の人格的中味は含まれない!
日本語なら、「口の達者な人」となるかも知れない?


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/403-3fae6f50
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する