information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.03.12

楽しく脳を活性化する方法

3月10日(土曜)の午後、東京都港区麻布区民協働スペースで開催された
「シナプソロジー体験」に、参加してみた。
“シナプソロジー”とは、何か? に興味シンシンだったから。
そして何より「認知症を予防するためには」という、
朝比奈の追求ジャンルの“お題”だったから。

開始すれすれに滑り込んだ朝比奈は、そこしか空いてない、最前列へ。
過日スッコロンで(→コチラ)、メガネが壊れてしまった朝比奈には好都合だ。
若くてステキなオニイサン(朝比奈の好み)が講師だったからルンルン!
基本的なお話の後、脳活性化プログラム『シナプソロジー』へ突入。
10~20分で、効果が発生し、「脳がよろこぶ! 笑顔がうまれる!」と。

何より気に入ったポイントは、「運動強度を高めることが目的ではない」→
「考える」→「混乱を楽しむ」ということである。
「混乱を楽しむ」というのが、気に入った。だが、しかし……、
この「混乱=脳内情報と神経レスポンスのmismatchで
スッコロンだ」
朝比奈は、目を? アタマを? ピカピカと光らせた。
たしかに、とても良くできたprogramである。が、
日ごろ、自分ひとりで、自宅で行うには無理がある。
数人のGroupで、場所やprogram進行がcontrolされていないと、無理だ。
そもそも、高齢者の自宅引きこもり予防、そのprogram menuなのだ。

3091945430_3013fc7795_z.jpg
Photo by macguys

朝比奈のように“お勝手自由人”は、solo menu であり、かつ、
その場の雰囲気で楽しむというより、脳クンがOh! と、ひとりでexciteしてくれ、
ハマッテくれなくては困る。うーん、当日の参加者の何人が、
お手玉やカラー・スカーフなど、さまざまなお遊びgoodsを用意して、
日常的に脳training に励むだろうか? なんてったって脳クンは、
自身が「おもろ~い!」と認知しなければ、throughなのだから。
つくづく「コレはやっぱ、若い先生方が、すでに曖昧な表現しかできない
お年寄りのDATAに基づいて、幼児の発達programをarrangeしたんとちゃう?」 
だって、若い、エライ先生方は、幼児は育てていても、
ロージンは、育てていないんだから。

ふと、20年くらい前の記憶が蘇った。
朝比奈が、当時90歳の母にヘルパーさんを付けて、
区内の福祉会館で開催されていた「高齢者program」に参加させた時のこと。
帰宅した母は「幼稚園の子供みたいな遊びをやらされて……
まったく、年寄りをバカにしている!」と。
今回の参加で、深く納得!
つまりprogramを策定・運営するヒトは若い。したがって、自身の老齢経験はない!
この、根本的に当たり前の事実が無視されている。
いや、無視も何も、「思い及ばない」というのが理の当然だろう。
高齢者の朝比奈は、若者たちとの斬新でdeepなsessionを望んでいます!

明日に続く・・・・・・


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/399-3002c8fe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する