information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.02.23

思う念力岩をも通す?!

小学生のころ、菊池寛の『恩讐の彼方に』という小説を読んだ。
筋書はほとんど忘れてしまったが、主人公がたった1人、ノミと槌で岩壁を掘削し、
トンネルを通すことで、人々の便宜に供した云々。

Yamakunigawa_River.jpg

後年、何かの折に、話の発端には不倫問題が絡まっていた、ということを知った。
それはともかく、どうやら小学生向けに「思う念力岩をも通す」という、
根性話にアレンジしたものだったらしい。戦後日本らしい教育環境?
小学生の朝比奈は、連日、教(狂)育ママの特訓に打ちひしがれていた。
その特訓のsloganが、「思う念力岩をも通す!」「成せば成る!」であった。

長い人生を歩んできた近年の朝比奈は、
もっぱらprobability(確率)とrandom性の信奉者である。
ところが、コレハナンダ! どうしたコトか?
TVは、地震速報と台風情報しか視ない朝比奈が、先日の夜7時ごろ、
ぼんやりとカウチに座って、TVのリモコンをいじった。
放送局だのチャンネルなど知らない朝比奈は、順番にボタンを押す。
これは何だ! 数学の授業をやっている! 双曲線空間の面積なんかの計算法だ。
これが滅法オモシロイ! ふむふむ「式」とは、こうやるのね。
とすると、次はこうクルか? アッタリー! という具合。
なんてステキな先生なんだろう!
「この辺から先は、切っちゃっていい、どうせ近似なんだから……」てな塩梅。
そうか、数学って、いろんな「お道具(式)」を持ち出し、組合せて、
整合性を(それらしく)とっていくガクモンなのね。ヨーシ! ワカッタ!
早速、4月から放送大学の数学を受講することにする。

合点!合点! ホントの数学がわかってない、
センセイガタの授業を受けていたのね、中学・高校と。
そしてその後も、なんと長い間、暗くミジメナ人生を送ってきたことか!
まあ、ちゃんと大学の理工学部へ入学した級友もいるけどねぇ、同じ教育で。
うーん、でも、この「空間」と「式」の脳内の操り方は、やっぱり、
YOGAの瞑想力の賜物、数学がわかるようになりたいと「思う念力」かもなー。
あの、“数学苦労話”のblog(→コチラ)が懐かしい。
努力×努力じゃなくて、偶然が、瞑想のゆらぎで降ってきたのだ!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/393-9e85e4b2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する