information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.02.14

永遠回帰の神話

また、手に取ってしまった。
『永遠回帰の神話-祖型と反復-』(エリアーデ著、堀一郎訳/未来社)である。
どうも、朝比奈の中で、何か“神話”に関するサインがうごめいているらしい。
今回はたぶん、「-祖型と反復-」に反応したのではないだろうか。

我々の生活の中で濃密に、意識するか否かはともかく、
「-祖型と反復-」が行われている。
誕生日から始まり、正月やクリスマス、結婚式や葬式などなど、
宇宙創造・再生などを彷彿させる儀式が、世界中各地で繰り返し続けられている。
近年は、ウェディング・ビジネスや葬式のセレモニー・ホール、
成人式や七五三などの、レンタル衣装ビジネスなども好況である。

エリアーデの『永遠回帰の神話-祖型と反復-』によれば、
「未開人の間では、儀礼だけがこうした神話的モデルを有するのではなく、
あらゆる人間の行為が神、英雄、もしくは祖先によって
太初の時にあたってなされた行為を、
どの範囲まで正確に『くり返す』かによって、
その効力が獲られるとされる事実を、このついでに注意しておく必要がある。」
と。

この内容の深さは、我々の“意識の、どの深み”にまで、
“その行為”の記憶が達し、温存されているのか、にかかっているようだ。
そこで、ふと、律儀に『くり返し』を行う人と、
ちゃらんぽらんに合理化してしまう人の差は、どこにあるのだろうか? と。
DNAへの刷り込みの強さ? 合理化する能力の発達?
考えられるのは、律儀に『くり返し』を行う人々ほど、“その行為の記憶”は
強力に刷り込まれ、その循環が繰り返されることになる。
だから宗教行事などは、厳密に実行されればされるほど、その拘束力を増す。
そして、そのうち、“刷り込まれた”行為に拘束され、自由意思・意識は束縛され、
『くり返し』の世界の、“刻々と意思決定をしないですむ”
安楽な心地良さに埋没していくのである。

人々は、作業リズムやダンス・リズムのような、繰り返しのリズムに、
心地よさを覚える。それは、心臓の鼓動に由来し、
日の出から日没のリズムに関わっているのかも知れない。
そう、リズミカルな繰り返し、思考停止・意思決定の停止……、
なんと、平和でのどかな暮らしだろう!
永遠に続く? 永遠回帰への、日々沈潜していた欲望を、
ほんの束の間、垣間見、味わわせてくれる……?

552515540_c3c554e97c_z.jpg
Photo by anoldent


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/390-7e4e2119
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する