information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.01.30

体重と脳の関係

南麻布の舗道を歩いている時に、ヒョロヒョロに痩せた若い女性が
超高のハイヒールを履いて、ヨロヨロ歩いているのを、よく見かけた。
先日の徘徊老人の脳の話(→コチラ)と、
朝比奈の体重が引っ越しで7.5㎏ 減ったコトが、つながった。
話の経路を逆にすると、
体重の極度の減少 → 脳のオリエンテーリング能力の低下
ということが、考えられる。実際、短時間ケースでみても、
お腹が減ると、思考力が鈍る。脳はゼイタクなのだ!

とすれば、超スレンダーな肢体を保つために、ダイエット&ダイエットという生活 →
バカになる、という結論になる!?
つまり、当初は思考力が鈍るという一過性の症状にすぎないのが、
思考しない状態が日常的になると、思考力がだんだん → 極度に 低下して、
ロクな考えが浮かばないようになる、ハズだ。
だって、贅沢な脳にエサをやらないのだから。ということで、
客観的な判断能力が低下し、ただただ痩せていれば美人! と思い込む。
モディリアーニの彫刻とか、肺病が全盛を極めたころの、竹久夢二の美人画とか。
ルノワールなんてのは、「豊満の美」を追求したけど、ちょっと太め過ぎ?

2830106281_fc0d871b27_z.jpg
Photo by Antonio Campoy Ederra

それはともかく、本筋ではない。本筋は、体重が極度に減ると、
ホルモン・バランスが崩れ、さまざまなモンダイが起こる。
集中力・持続力・粘りなどというのは、真っ先に落ちる。
高度な脳作業をたんたんと継続するには、集中力・持続力・粘りなどが不可欠だ。
そして重要なマイナス要件は、さまざまな免疫力の低下である。

にもかかわらず、なぜ、若い女性は「痩せればいい」と、考えるのだろうか?
YOGA屋の朝比奈は、体質によるかなりの痩せ型を除けば、
ビョーキであると思う。何らかの疾患が隠れているか、
極度に痩せていさえすれば美しい、という審美感をもった
脳の偏向性によるものでは?

そして、悲しいかな、憐れを催させるのは、後者である。
“その思い込み”は、どのような論理に導かれ、先々のシミュレーションはいかに? と。
脳は、ニューロン・ネットワークが何層にも稠密に張り巡らされ、
したがって消費エネルギーが高く、贅沢環境でないと、いいシゴトができない。
贅沢環境とは、まずタンパク質、糖分はもとより多彩なビタミンやミネラル群……。
たしかに「白痴美」という「美」があり、言葉もあるけれど、
現代社会で、自律的に生きていくには、難しいかも……?
そのような「美」が、なんでモテハヤサレルの?
そう、成り立ちえないコトだから、何らかの希少価値なのかなぁ?

そうそう、数日来アタマの働きがよくなってきたから、
体重を測ってみた。1.5㎏ 増である。ふむふむ、こんなもんだろう。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/385-fbb3a365
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する