information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』
そして『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!
2017.10.05

本気読書の“秋”がやって来た!

気温良好、湿度も快適、昨日は十五夜だったが、
ことさら夜は、読書が似合う。
年がら年中、毎晩on bedで、3~4種の読書サーフィンを楽しむ朝比奈だが、
「読書の秋」と言うだけあって、確かに、この季節はノリがいい。

3~4種には、その時々のセレクト理由がある。が、おおむね、
1)延々と取り組んでいる大作
2)時事・サイエンス系のオベンキョー本
3)お笑い&芸術(音楽・美術)系のアタマ・ウキウキ本
4)苦心惨憺、じっくりじっくりの根本的アタマ構築本 というジャンル。
上記のとおり“いわゆる小説”は、ほとんど読まない。

上記の1) と4) は、かなり重なる。
書籍名を上げるなら、カッシーラーの『シンボル形式の哲学』など。
なぜ、20歳代までに学校の先生は「その存在すら教えないのか!?」と思う。
哲学なんて無視!「数学はW抽象の哲学である」なんて、
カケラどころか、匂いすらかがせない!
教育は、単なる点数取りマシーンになる技術のみを教えるだけ?

70歳になって、朝比奈は、なぜ、数学がデキナイのか、根本がわかった!
カッシーラーの『シンボル形式の哲学』に教えられたのだ。
どのように? 朝比奈のアタマの構造は、シングル抽象しか理解できない、
神話時代直後の人々の頭なのである、と。
1つ、2つ、3つのミカンやリンゴは、それぞれ現物に対応する具象、
これを頭の中で計算(2+3=5)するのは、現物+数(カズ)という抽象=シングル抽象
ところが数学は、あくまでも“数(すう:カズではない)”という、
関係性の抽象概念で思考していく、「関数」の世界なのだ!
この事実を、なぜ、中学校で“関数”を教えるときに、教えないのだ!?

関係性の抽象概念は、ヒトの頭脳システムに、
論理性ができてくるにつれて、立ち上がってくる概念だ。
ミカンやリンゴに、1つ、2つ、という数(カズ)が貼りついている
神話的思考の段階から、ヒトの“脳システムの作動性”が進化することによって、
できてきた概念操作だ。 ? ということは、
朝比奈の脳システムは、神話時代人のシステムというわけ!

ここで、重要なポイントと解消手段が浮上!つまり、神話的思考脳から、
ピュタゴラスやアリストテレス型脳への進化方法デアル。
朝比奈のように現代の「神話的思考脳」保持者は、
シングル抽象は理解&操作できるが、ダブル抽象はアウト。
つまり、抽象概念と抽象概念(数字&数字/スウ)の関係性を操作できないのだ。
カズからスウへの移行である。英語では、Number(具象)→ Figure(抽象的)。
このカラクリを理解し、腑に落ちると、訓練のしようがあるのだ!

Pythagoras.jpg
Pythagoras

テキストは、文字という具象性の高いシンボルを並べるが、
数学は、「数」という抽象概念を、抽象概念で操作していく。
ここで、“数学”と“和算”の根本的な違いの根っこが見えた!
アルファベットVS漢字・仮名まじり文の、表記伝統。
アルファベットは、表音文字だ。
漢字&仮名は、表意文字である。表意とは、具象して見せること。
アルファベットは、単なる「音」の組み合わせである。
文字が具象して見せる伝統の中で生まれた和算は、あくまでも、
具象がベースにあるから、高等数学へは進めない、神話的思考なのだ!

関孝和
関孝和

漢字の本家、中国はどうか? なぜ、古代に数学が発達したのか?
インド・ヨーロッパ語族の中国の漢字は、
その形成時こそ象形文字だが、その使用法においては、表音文字である。
現代、中国語を習うとわかることだが、「表音」なのだ。
この根本的な問題が、古来、インド、中東、マグレブ地方と同様に、
中国で、数学が発達していた原因ではないだろうか?

海上の弧状列島に、たかまのはら(高天原)に、かむずまります(神住む)
神々が降臨したという、ヒノモト(日本)は、南洋の島々と同様に、
どっぷりと永く、永く、神話的思考のままで、生きてきたのではないか?
もちろんその中で、脳力の高い人々は、さっさと和算を離れて、
W抽象の数学へ飛び立ったにちがいない!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/356-e5a62bea
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する