information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』
そして『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!
2017.09.26

いい男の要件、神は2物を与えず?

朝比奈はこのblogで、さまざまな“いい男”を紹介するが、
読者の皆さんは、きっと「な~んだ、また、本の中のいい男か」とお思いだろう。
そこで今回は、とっておきの“生身・実在”の、いい男を紹介したい。

朝比奈の心が弱り、落ち込みそうになったとき、助けてくれる“いい男”である。
数年前にインタビューでお会いした、某大学研究所の特任教授。
この声と語り口が、実にすばらしいのだ。
あまたのインタビュー録音のDATAは、仕事が完了すると消去されるが、
このDATAだけは大切に保管され、しばしば“バットマン”として、
朝比奈を助けにやってきてくれる。

世の中に、有名な声優・俳優・アナウンサーなどなど、
「声」と「語り」を商売にしている人々が数多く存在するが、
彼の“語り”は、群を抜いている!
まず、声の質が格別。そして、ここが重要なポイントなのだが、共鳴体がすばらしい。
グランド・ピアノの発する音が、あの共鳴装置に大いに依存していることは、
いうまでもないことだろう。
余裕のある音量、倍音のダイナミズムそして
精妙に効いた抑制、コントロールである。

7174873189_9db2149419_z.jpg
Photo by srslyguys

その教授は、日本海のメタンハイドレートをはじめ、
深海底に眠る、海底資源の研究をしているせいもあるのだろうか?
地球の中心から響き上がってくるような、真実という言葉がぴったりな、
声であり、口調であり、意味内容なのだ。
日本語の古語に、「とよもす=響動もす」という表現がある。
まさに、その感じだ。彼の声に耳を傾けていると、
「私は日々、なんと空疎な言葉を発していることか!」と、
深い、恥じらいが湧き上がってくる。

この声には、「響動もす」ための共鳴体が必要なのだ。つまり、
中年期後半以降の男の声帯と、ちょっと太目の共鳴体だ。
スレンダーな若い“いい男”に望める資質では、ないのである。
さらに、広く深い、知性から紡ぎ出される言葉の、
広がりとリズムと、ラビリンスのような“知の遊び”……。
なぜか(ドーキンス先生の理論なら可能)、女性には決して望めない、
豊かな男の、果てしなさを感じさせる魅力である。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/350-be04dd37
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する