information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』
そして『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!
2017.08.31

涼風の吹かない夜に

秋来ぬと 目にもさやかに見えねども
台風もどきに 驚かれぬる

ああ、なんと寝苦しいことか! クーラーの風にあきあきしてしまった。
なんか、こう、心身の髄からゾッ! と、涼しく身が引き締まることはないか?
そうだ! 隣室のオバケ棚を探索してみよう。
ドアを開けると、ひんやりカビ臭い風が押し寄せた。
天井ライトをフル・レベルにしても、な~んか薄暗い、が、まあいいか。
書棚のほぼ1本分は、オバケ本オンパレード。
古今、世界中のオバケたちが眠っている? 耳を澄ますと、何やら
ゴソゴソうごめいて作業をしていたり、ヒソヒソ密談中だったり。

知ら~んぷりして何冊か取り出して、go on the bed。
ふ~ん、ホドホドcool になってくる。ということで、
寝苦しい夜におすすめの3冊を、どうぞ。

◆さらり涼風、現代・都会的cool
『レキシントンの幽霊』(村上春樹/文春文庫)
すぅーっと微風が吹き抜ける、ソフィスティケイトされた軽い味わい。
寝苦しい夜には、ちょっとフラフラページをめくって、いつの間にか微睡に……。

◆昼日中から、ゾンビもジンボも闊歩する!
『ラテンアメリカ怪談集』(鼓直 編/河出文庫)
あの、シタタカでちょっとキュートなラテンアメリカのオバケたち。
日本の幽霊たちも、近ごろ研修を受けに出かけているとか!?
えっ!「だって、もう、ウラメシヤーなんて、やってらんない。
なぜって? みんなレストランになっちゃって、BGMも夏はサルサやボサノヴァ。
幽霊だって、トレンドとファッションに敏感じゃないと、やっていけなーい!」

◆ゾッ! と、背筋が冷たく硬直の本格派
『黒猫・アッシャー家の崩壊』(エドガー・アラン・ポー/巽孝之 訳/新潮文庫)
やっぱ、怖さといえばこの名人、“Poe”は別格?
構成からシチュエーション、微に入り細を穿ったディテールの積み上げが、
こちらのNEURON細胞にヒシッ!ヒシッ! と迫り、侵入し、
ああっ! と思った時には金縛り状態で、とんでもないドンデン返し。
すべて喪失してしまう、というゾッとする寒さ。
ウィスキー入りHot milkのご用意を!
怖くない! 恐くない! 大丈夫だってば!

poe.jpg


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/345-0fc752d8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する