information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』
そして『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!
2017.08.29

スリルと好奇心うるうる! 抱腹絶倒の実話

『乱流のホワイトハウス』トランプVS. オバマ(尾形聡彦著/岩波書店)である。
著者は、1969年生まれ、朝日新聞オピニオン編集部次長兼機動特派員。
ホワイトハウスの外観から、組織・機能・内面の機微まで、
具体的な会話(英文も表記)を提示して、リアルに見せてくれる。

最高傑作! という部分だけをチョッピリ紹介。
“ロシア疑惑”関連である! 同書P.176
「『クシュナーが、ロシア政府の施設から、
クレムリンと秘密裏に連絡をとるチャンネルを欲しがっている
』と伝えていたことを、
米情報当局が傍受し、その事実をワシントン・ポストが5月末に特ダネで報じた。」
と。

ジャレッド・クシュナー:1981年生まれ、ハーバード大学優等卒業(B.A. in sociology)
を皮切りに、華麗なる学歴・職歴をもつ敬虔なユダヤ教徒。
2006年に、ニューヨーク・オブザーバー紙を1000万$で買収し、
同年、マンハッタン5番街の41階建て高層ビルを41億$という
米国史上最高額となる購入案件を手掛けて話題をさらった。
そして2009年、若干の人種差別主義者である?ドナルド・トランプの
愛娘・イヴァンカは、ユダヤ教に改宗して、クシュナーと結婚。
以来、トランプの上級アドバイザーとして、トランプ政権のトップ頭脳となっている。

筆者の尾形氏が言うまでもなく、一般購読者のド庶民ですら(だからこそ?)、
「大統領であるトランプに最も近いクシュナーが、ロシアの政府施設のようなところに
入り込み、米情報機関の傍受の網をかいくぐる形でクレムリンと
連絡をとろうとすることは、普通はあり得ない。」


これは、朝比奈にとっては“爆笑問題”なのだが、
ハーバード優等卒業者にとっては“穴”なのだ。たぶん、
オーソドックスなお勉強ばかりしていて、『モサドファイル』や『DEVGRU』なんて、
知らないのかも知れない。
ヒトラーの仲間・アイヒマンを追ってつかまえたモサド(イスラエルのインテリジェンス)、
オサマ・ビンラディンを遂につかまえて射殺したDEVGRU( United States
Naval Special Warfare Development Group =海軍特殊戦闘開発グループ)の
やり口なんて、“上級アドバイザー”ともなると、知らないのだろう。
ともかく、『乱流のホワイトハウス』は、超オモロイのだ!

ranryu.jpg


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/344-34502d9c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する