information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2017.08.18

第4話 オバケや幽霊の正体って、どんなもの?

前回、ジェノヴァの幽霊の話で、朝比奈はオバケという言葉を多用した。
これは、厳密な区分で言えば「幽霊」ということになるが、
日本の幽霊があまりにもジメジメしていて、ジェノヴァの場合にフィットしない。
それでオバケを使ったわけ。オバケ(化け物)は、もともと妖怪・変化であり、
「異形の者」を言い、けっこう、ひょうきんな可愛い奴らである。
分類でいえば、“神話的思考”のキャラとなり、英語ならghostに当たる。
一方、幽霊の方はphantom。F-4 Phantomは、
アメリカ海軍の艦上ジェット戦闘機の名であり、日本でも採用されている!
レーダー捕捉を困難にする、ステルス技術が搭載されているのだろうか?

3225278505_b959ebb50c_z.jpg
Photo by TMWolf

煎じつめれば、ヒトの認識と意識の問題なのだが、
オバケより幽霊の方が、感覚的・文化的に後発らしい。
つまり「オバケ」は今日の子供キャラであるように、原始的心性の産物、
一方「霊」系は、ヒトの心理システムがより高度になってから“登場”したのだ。
“高度”とはどういうこと? 抽象的な思考ができる、ということ。
えっ! 抽象的な思考って? そう、「在りもしない事象をアリアリと存在させ、
認識しちゃうこと。」 それで、幽霊が“登場”した? どのように?
それはもう、ハッキリ・簡単に言えば、ヒトの頭脳システムの“概念・観念”として。
何しろ、そうやってヒトの脳は、次々と森羅万象のすべてを「分節」し、
生み出し、さらにその作業を加速しているのですから。

エネルギー振動の海の中から、リンゴ・サル・クジラ・ウィルス・ブラックホール・
素粒子なんて、デッカイものから見えないものまで、どんどんどんどん、
際限もなく切り出しちゃう、手品師なんて、もうショーバイにならない? ほど。
だから、幽霊くらいわけのないこと。抽象的な思考? ちょっ!ちょっと!
じつは、幽霊はオバケと別種で、全面的に抽象的思考の産物とは言えず?
ヒトの脳のNEURON振動が関わってくるから。
NEURONの電気振動の情報も、このエネルギー振動の海の中で振動している。
このエネルギー振動の海の中では、「時」間・「空」間はごちゃまぜ。
だから、100年・1000年前に身体を焼却してしまったヒトの意識情報も、
NEURON振動が存続しているかぎり、アル(存在する)。
その昔(現代でも?)、霊能者なんて人々が死者の声を聞いたり……とか、
オカルト視されていたけど、原理的には、ごく当然のコト。

ああ、ここでひと言。仏教で、よく「成仏した」とか言うでしょ、
あれは、振動帯域が変わって、つまり振動数が高くなって、
“いわゆる”この世のヒトからは、通常アクセスが不能の帯域へ入ること。
ここで“いわゆる”というのは、一般的な振動帯域のこと。
これを高周波帯域へ超えたら、よく「超越」といわれる状況であり、
仏教の成仏・キリスト教の天国の帯域と隣接。隣接とは、実態は複雑なので省略。
低周波帯域へシフトすると、地獄となる。
天国と地獄は、どう違う? 振動数が高いと、明るくて暖かく神経が気持ちいい、
振動数が低いと暗くて、温度が低く、すべてが不活性だから不快。
お経を上げても、お祈りしても、本人の意識が気付かないと……。
生きているうちに、しっかり瞑想し、自分自身の意識が自覚・覚醒することでしょうね。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/341-2d3a1ebe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する