FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2017.08.10

あなたは、女心派?or実存的女性派?

文芸評論家・斎藤美奈子先生の書評『男尊女子』(酒井順子著/集英社)
について、である(朝日新聞、8月6日日曜、2017年)。
同書を読んでもいない朝比奈が、こんな事を言うのはルール違反、
百も承知で「男尊女卑はとうに克服されたと思いきや……」に反論!
「怖くて楽しい」筆法をお褒めなので、朝比奈もそのうちに……。

“何をか言わんや”―――やっぱ、能力の高い自信あるキャリア-ウーマン女史には、
「夫をちゃんと立ててんのよーん」の、高度・巧緻な女心はわかんないんだろうなぁ。
〈会社でお茶を淹れたがる総合職の女子とかね〉①
〈男を立てねばと考える女は〉②
〈夫のことも「主人」と呼ぶ〉③
〈どこか自慢げだ。〉④

この書評は、“問題のコンセプト”の立て方がズレている、と思う。
性急に結論を言えば“この女性心理”は、斎藤先生のパラダイムとは異なる状況。
斎藤先生は「男尊女卑」という概念を、「私には家庭が大事なの、私にも
経済力はあるけど夫をちゃんと立ててんのよーん」と書いていらっしゃいます。
これが、彼女たちの認識と表現だとすれば、ちょっと時代錯誤のような気がしますが。
現代のかなり多くの、当該年代の女性たちは、
「自分もある程度キチンとした仕事をして、キラキラしたい。と同時に、
家庭の充実度も高く、夫はマイホーム・パパでありつつ実力派でいて欲しい」のでは?

斎藤先生の文の中に「『主人』派はどこか自慢げだ。」とあります。
女性が、自分の夫を現実以上に見せるために、一般的に使う手法です。
ここには、クラス発想が絡まっており、アクセサリーは高価に見える方がいい。
階級意識こそ、自分を飾る最高のアクセサリーなのでは?
つまり、自分という女性が、どれほど素晴らしい女性であるかを示すには、
周辺を飾り立てる必要がある。「ウチのとーちゃん」と「主人」のグレード感に注意!
斎藤先生は、「私にも経済力はあるけど夫をちゃんと立ててんのよーん。」と。
これは、ウーマン・リブ時代の女性たちの感覚では?
現代の女性は、「夫はステキな実力派だけど、キミも自由に飛んでいいよ、って」と、
少なくとも表向きには、そして何より彼女たち自身が、そう思っていたいのでは?

総合職の女子云々について。
彼女たちは、自分にとって“いい男”探しなら、何でも厭わない。
お茶淹れは男性市場へのPR&プロモーションで、男尊女卑とは無関係。
これはレース・クイーンのハイレグと同様に、キラキラなのです! ワカルかなぁ?
文中に「ゲッ、あの人もこの人も『主人』派か。」とあります。
どうやら斎藤先生は、“自分の周囲をグレード・アップすることで、
相対的に自分をグレード・アップして見せる”というレトリックをご存じない?
当然、ご存じですよね、ただ「そんなシャラクセー真似なんざ、やだね」と?

l1135600791_1234f6444d_z.jpg
Photo by Omarius 14


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/337-6878e597
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する