information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2017.07.26

脳は深化し、進化する。いくつになっても!

海の日の朝。ひと粒の涙が、目尻から頬を伝った。
やがて、両目からあふれた涙で、頬も膝も濡れた。
「ありがとう!」こんなにうれしいことが、かつてあっただろうか。

前日、なんとなく気付いていた。それが、ヴィヴィッドに立ち現れた。
“私”の気付かないところで、わたしの“脳”は、シコシコと、
律儀に、仕事をしてくれていたのだ!
前回のブログ(→コチラ)で、
“思考の三角測量”ができるようになったことを述べた。
これに続く深い感動、“脳は深化し、進化する。いくつになっても!”である。

それは、「これは何だ!」という軽い驚きから始まった。
『レヴィ=ストロースと音楽』(ジャン=ジャック・ナティエ著、
添田里子訳/アルテスパブリッシング)の再読である。
2014年の秋だったか、渋谷のBunkamuraへ、ピアニスト、アルゲリッチの生活を、
彼女の娘がつづった映画を観に行ったときに購入。
読み始めたが、どうもしっくり理解できなくて挫折し、そのままになっていた。
先日『イスラーム哲学の原像』を再読した勢いに乗って、
部屋の片隅の箱に入っていた同書に、手が伸びたのである。

ナント! さくさくと脳にしみこみ、歓喜を呼び起こすではないか!
3年前と今、「私の脳は、何が、どのように違ったのだろう?」
記憶を丁寧にたどれば、メルロ=ポンティで構造主義を仕入れたことに思い当たる。
メルロ=ポンティとレヴィ=ストロースは、お友達なのである。
つまり、『悲しき熱帯』などで知った、レヴィ=ストロースの“仕事内容”の
向こう側にある、アタマの構造が理解できた、ということなのだろう。
またしても、構造主義という考え方に、頭が下がった。
ジャン=ジャック・ナティエは、レヴィ=ストロースが追究していた、
「音楽という言語」に、深く食い入っていく。
音楽は、言語と並び立つ思考方法でもあるのだ!

800px-Levi-strauss_260.jpg
Claude Lévi-Strauss

ほっぽらかされたまま、3年の間、私の脳は、律儀に仕事をしてくれていた。
脳の高次機能。組んだ両手をオデコに当て、深々と感謝を捧げた。
そして、ふと池谷先生の言葉が浮かんだ。
「脳の中で情報の選別を担当している“海馬”の神経細胞は成人を超えても増える
そして「たったひとつの海馬の神経細胞でも、数万のシナプスをもっています。」と。
『海馬』脳は疲れない(池谷裕二・糸井重里著、新潮文庫)

たしかに朝比奈は、この2年間で、自分の脳が、それまでの人生で経験してきた、
数倍の領域の情報を処理していることに気づいていた。
そしてつくづく、高齢者型認知症とは、
自己責任であり、自己の絶えざる脳教育の結果にほかならない
、と確信。
「これが、脳に対する認知症教育の実態なのだ!」と直感して、脳の使い方を逆にした
あの時の、貴重な経験をまた、感動も新たに噛みしめたのである。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/330-7216f7b5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する