FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2016.07.19

カエサル! また、巻物の時代よ

朝比奈の著書『クレオパトラⅦの追憶』第1部第2章◆15(P.167~168)で、
カエサルは、こう言っている。

ロゴ

【「私は最高神祇官だが、ローマの日々の出来事、政務であれ行事であれ、すべて克明に、最高神祇官職のもとで記録させている。「最高神祇官記録」だ。これはスッラの「公文書庫」の資料とともに、公事記録として公開されているし、筆写されて出版もされている。
 私はしばしば、過去の記録を検索しなければならないことがある。現在までの記録は、すべて巻物スタイルになっている。巻物は、その初めの方に記載されていることを見るためには、終りからそこまで、巻き戻していかなければならない。こんな不便なことは、カエサルにはたまらないことだ。
 それではどうするか。カエサルの方法はこうだ。
 パピルス紙を使いやすいサイズに切る。そこに記録する。それを束ねて冊子にするのだ。ちょうど、商人たちが伝票を束ねるように。あの方法は便利だ。必要な情報がすぐに、引き出せる」】


そして時空は、現代のカエサルのヴィラへワープ。

クレオパトラⅦ(CP)「ねぇカエサル、これ見て、また巻物の時代よ!」

カエサルは、クレオパトラⅦが見ているスマホの画面を覗き込む。

カエサル「これが、どうして巻物なんだ。あなたが見てるのは、ページじゃないか」
CP 「でも、ほら。[Choose your role] 。“role”って、もともとの意味は巻物でしょ。
 ここで私、Userをタップするわけ。すると、私の巻物が開くわけ」
カエサル「あなたのページが開くのと、巻物が開くのと、どう違うの?」
CP 「どんどんスクロール、巻物を開いていくように流れていくのよ、ほら」
カエサル「やっぱり不便だ。流れていくのは巻物の欠点だ。それは、デジタル発想じゃない。
 だけど、このファイルは何だ? やっぱりページじゃないの?」
CP 「でも巻物だって、飛びたければ、飛べるわよ、ほら見て、じゃんじゃん飛べる」
カエサル「うーん、これはスゴイね。何でこうなっちゃうの」
CP 「わかんない。IT担当官を呼んで、学習講座を開かせましょうよ。
 巻物をひもとくって、キケロたちの言うような『グラヴィタス=荘重な振る舞い』
 っていう雰囲気だけじゃない、重要なモンダイがありそうじゃない?」
カエサル「確かに。たぶん、まず文字が、いや画像も、ドット(点)で刻々と出現し、
 情報も何もかも電波信号で処理される、そのあたりにポイントがありそうだ。
 しかしあなたは、そんなワケもワカラナイものを、いじり回しているわけで……
 ああ、ステキなひとだ!」

3542205066_a8edc126cf_z.jpg
Photo by ideacreamanuelaPps


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/214-30839396
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する