FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2015.10.20

大阪のクレオパトラⅦから

大阪の国立国際美術館で「クレオパトラ展」が始まって1週間あまり。
クレオパトラⅦから朝比奈へ、ウラミコールがやってきました。何?
「大阪で『クレオパトラ展』が開催されているのに、
あなた(朝比奈)は、すっかりお見限り。12月27日まで、
私、ガンバルのよ。少しは応援してね」と。

これは、たいへんに申し訳ございません! と、平謝りの朝比奈。
「『YOGA COSMIC SYSTEM』の制作が、佳境に入っているもので……」
そこで、2人は真剣かつdeep な相談に入った。

クレ「私のことについて、一応、公開情報はバランスがとれている。たとえば、
 私の死について。毒蛇説と服毒説の2つが公表されている。
 でも、見学者の目は“毒蛇の絵”にみんな釘づけ、これはどういうこと?」
「ドラマティックだからでしょうね。美人が服毒死する話は、古今東西に
 山ほどある。でも、毒蛇に噛ませて、というのはおよそ、ないでしょう」
クレ「でも、国立のMuseumで、というのはあまりにも影響が大きすぎるわ」
「日本には“有名税”という言葉がある。有名だと、さらに盛り上げるために、
 エンタメチックにしていく、お客を喜ばせるために。
 それって、カエサルも、プロデュース力抜群のあなただって、
 考えたことじゃない? 『クレオパトラⅦの追憶』で、私、書いたわよ」
クレ「ああ、そうねぇ。でも、私もカエサルもアントニウスも、
 他人に傷をつけるようなオモシロを狙うなんて、しなかったわ」
「そうそう、私も驚いたの。あなたの自殺の毒蛇説はどこから出たのか、
 まず、プルタルコスを疑ったんだけど、彼は“毒蛇説と服毒説の2説がある”
 といっている。なのに、毒蛇説がメインになってきたのは、芝居とか、
 絵画とか、なんか恰好をつける必要性のある分野の“力”かなあ」

クレ「それにしても、今回の展覧会では抑え目だけど、なんで私は悪女なの?」
「歴史資料の多くが、ローマ中心だったから。エジプト財産のすべてを、
 個人財産にしちゃったローマ初代皇帝のオクタヴィアヌスにすれば、
 クレオパトラⅦが極めて悪女の方が都合がよかったからでしょ」
クレ「宣伝戦勝ちというわけね。でも、もう真実を強力に公開してほしい。
 2000年以上も経っているのよ。だから私、あなたの本を、
 多くの人に読んでって、叫びたい」
「ありがとう。私も力の限り叫ぶわ。今度、プロモーションに、
 You Tubeも加えたの。“朝比奈桐子のお助けワンポイント!YOGA”」
クレ「ええっ! YOGA?」
「YOGAのレッスンしながら、『クレオパトラⅦの追憶』の表紙が見られるの」
クレ「ああ、あの表紙ステキよね。私、とってもお気に入り」

とまあ、秋の夜長に、話は尽きないのであります。



ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://itnopen2.blog12.fc2.com/tb.php/136-4d43a4c8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する