FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.11.28

“私好み”のその先は?

11月21日水曜の記事(2018年/朝日新聞朝刊)の見出しに、
「ニュース『私好み』配信続々」とあった! 「スマホ向けニュースアプリで、
人工知能(AI)が利用者の閲読傾向にあわせてニュースを配信する
パーソナライズ(個別化)が急速に進んでいる。」と!

1990年代の後半からだったか、市場が、急速にとてつもない規模で、
「若い女性」志向に拍車をかけてきた。
これは何も斬新な傾向ではなく、古代ローマやら江戸時代やら、
世の中が平和で、比較的安定的な経済成長を繰り広げている時代の特徴である。
「若い女性」が市場のmain target になると、経済は一定期間、高度成長を展開する。
そして「若い女性」市場のconceptは、いつの時代も“私好み” (その実、
巧妙なmedia 誘導:仕掛け人の多くが男性、にハマっているのだ!)である。

6820535467_7c294a0e46_z.jpg
by Mike Licht,
NotionsCapital.com

食べ物や服飾fashionなら結構なことだが、「ニュース」となるとタイヘンなことだ!?
ふと、あの並びないローマの英雄、
ガイウス・ユリウス・カエサル(BC100~BC44年)の名言、
「人は見たいものだけを見る」が、蘇った!
彼の栄光は、この、「人の特性」を突きまくり、使いまくって築かれたのである!
カエサルのキーワードは、「お見せしよう! あなた方のお好みを」である。
詳しくは、『クレオパトラⅦの追憶』(→コチラ)で、魅力的に語られている。

あふれるほどのモノ、楽しいこと、人とのつながり……、
見たいモノ・コトだけを見て、嫌な事・面倒な事は見ない・聞かない・考えない……。
さまざまな事故や失敗、苦難などは見ない・聞かない・考えない……
どこかの他人事だから。
それで、この世の中はやっていける、生きていけるだろうか?
事故や失敗、苦難などを避ける知識や知恵は、いつ、身に付けるのだろう?
昔の言葉に「他人の振り見て我が身を正せ」というのがある。
他人の失敗や苦難などだから、無責任に“オモシロク見る”のだろうか?
“オモシロク見る”のだとしたら、我が身が正せるだろうか?

自分自身、個人の好みだけで生きていくとしたら、人生は狭く・小さくなっていかない?
そう、好きなモノだけを食べていたら、栄養が偏って病気を呼ぶように。
「利用者が読んだ履歴からAIが個人の関心を把握し、おすすめニュースを配信」と。
自身が知らない、想像もできなかった世界を覗けるのが、mediaの魅力では?
Mediaがあふれ、情報があふれる中で、“私好み”に執着していたら……、
ヒトは「好き好き」だから、いいかぁ?
でも、ふと、自ら選び取った“情報格差”に“教育されてしまった”ことに
気づいたとき、shock!! だろうなあ……、うん?
もともと気づきようがないんだから、いいかぁ。Les Miserables!!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト