FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.10.12

孤独死とは何か? 死ぬ時は“孤独”でしょ!?

前回「孤独死」について書いたが、どうも、イマイチすっきりしないので、
さらに追求してみたいと思う。
まず、「孤独死」という概念が、問題である!
死ぬ時は、通常、自分ひとりである。心中や事故などで他者と一緒に死ぬ場合も、
意識が薄れかければ、自分ひとりであろうと、大勢であろうと変わりはない、と思う。
「孤独死」とは、どのような経緯でnamingされたのか?

またまた『広辞苑』を引くと、「看取る人もなく一人きりで死ぬこと」とある。
そこで「看取る」とは? 死ぬ時点にヒトが付き添うことらしい。なるほど、
ヒトが傍で見ていれば、「孤独感なく」意識を失うことができる、ということか!
とすると、事故死の場合などは、圧倒的に「孤独死」ということに?
違いは何か? 瞬間か、意識が消えるまでの時間経過か?
しかし、「孤独」という言葉には、どうもそれだけではないらしいニュアンスが、
付きまとっているように思えるので、ちょっと検索。

『漢語林』で「孤独」を引いてみると、
ひとりもの、よるべのない人、助けのないこと、いやしい、そむく、遠ざかる……。
ナルホド! かなりマイナーなイメージを抱え込んでいる!

では、英語の「孤独」はどうか?
“loneliness”はひとりぼっちで寂しいことだが、寂しさを含まない“solitude”もある。
オモシロイことに、
「孤独に暮らす」とか「孤独を愛する」では“live in solitude”とか“love solitude”、
「孤独死」は“solitary death”で、「孤独を感じる」は“feel lonely”となる。
さすが、合理的な言語だ! 朝比奈の予想どおりである!!

22757582264_b409854dec_z.jpg
Photo by tvdflickr

つまり日本語の背景には、島国共同体文化の心性が濃厚に流れているということでは?
島国共同体文化で2000年以上もやってきた日本人の心性は、
臨終に際して、一族郎党・親類縁者などが寄り集まって
当人の顔を覗き込んだり、呼びかけたりしなければ済まなかったのである。
しかし高齢者の死の現実は、決して「そうではなかった」にちがいない!
「姥捨て」という風習もあったのだ。もっとも姥捨て場には、
同類がけっこういて、ホントに死ぬまで共同生活を営んでいたらしいが。

「孤独死」というnameに含まれていのは、
もっぱら「後始末に伴うキタナサが纏うメンドーさ」ではないか?
このスリカエは、若さという上からの? 傲慢目線?
つまり、「孤独」なんていう「本人の心性」を意味するコトバに、
勝手に置き換えてしまう。本人は「孤独感」なんてないかも知れないのに!
正確性から言えば「孤立死」の方が、心性を含まないだけ、妥当かも。

それはともかく、「孤独?死」する側の話。
「意識を失って死に至るprocessでは、至福感に満たされる、実際、生理的に」
この至福感(脳内麻薬とも呼ばれるエンドルフィンなどの問題で、
古来、“阿弥陀様が来迎した”などというのはコレである?)の中では、
他人が周囲に居ようが居まいが……むしろ、周囲にヒトが寄り集まって
覗きこんだりされれば…………、「死ぬまで“気を使わせないで”」と、思うのだが?
問題は、後始末なのだろう! ウマイ始末の仕方を考えてみよう!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト