FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.10.02

恐い! お気軽スマホとBIG DATAの関係

「お籠り系はダメ! ボケますよ!」と、キツク相棒Sのお達しを受けていたから、
週末は、満を持して朝一番に(メゲル余裕はない!)スーパーへ買い物に出かけた。
冷蔵庫内はもちろん、備蓄在庫が完璧に「0!」に至っていたのだ!
午後に届いた食品を冷蔵庫へ格納し、待ちに待った昼食パックを食べると、
不思議に(当たり前か?!)元気が湧いてきた。そしてふらふらbook hunting.
Oh! これは読みかけだったか!
『スノーデン 監視大国日本を語る』(集英社新書/2018年8月22日発行)をもって
On bed. ちょっと読み始めて、「そうそう」と懐かしく思い出した。

snowden.jpg

ある日、朝比奈のオフィスのチャイムがピンポーン、モニターには、
若いカッコイイ男性が2人、ルンルンとドアを開けると、身分証明を提示し、
このオフィスのPCを見せて欲しいと。ドウゾドウゾ……。
「お宅のサイトに、あるファイルが置かれている。北海道から九州まで2000件以上
あり、そのひとつがこちらです」と。さては、どこかのintelligenceの仕業か?
ショーン・コネリーのジェームス・ボンド以来、この手の話には目がなく、
大学時代、新聞にある種の「質問」をしたら、日本政府のそのスジからお声がかかった。
父親のuntouchable! の一声でやむなくアキラメタという経緯もある。

それはともかく、来社の男性たちは、相棒Sに情報の取り方を教え、
次回訪問までに情報を蓄積、途中で情報に変異があったら報告云々。
数カ月に及ぶ協力だった。もちろん秘密で、何も教えてもらえない。しかし、
大いに想像だが、おおよその全貌が見えてくるにつれて、
ああだろう、こうだろうと推測ができた。そのうち、朝比奈のところを除き、
日本中の該当サイトが(キモチワルイ)と、どんどん閉じられてしまったらしい。
ルンルンの朝比奈は最後までご協力。もちろん男性は一切、何も教えてくれないが、
だんだんコチラで予想がついてくる。とまあ、楽しい数カ月を経験。

あれが、日本の「監視システム(のひとつ)だったのか!」と、
『スノーデン 監視大国日本を語る』を引っ張り出して再読してみたのだ。そこでは、
米国から提供されているコードネーム「XKEYSCORE」について語られている。
それは「衛星電話、衛星インターネット、無線周波を経由するコードレス電話など、
―――アメリカ政府は、基本的にシステムの容量がいっぱいになるまで
すべての電子通信を集めています。」と。
ふと数年前の、朝比奈のワシントンの友人の話が蘇った。
彼女の夫は世界的に動くビジネス・コンサルタントだが、もう大分前に、
「米国の同業者たちは、古いアナログのFAXを使っている」と。
理由は、傍受・解読する技術がすでにないから。そして米国には
田舎で旧いFAXを買い漁ってメンテする専門業者がいるのだ、と。

前にFacebookについて述べたことがあるが、
昨今の日本人の中には「露出狂か!?」と思うようなコトが、
若い世代はともかく、高齢者たちにも爆発的に広がっている。
孫の画像とレストランの料理画像を自慢げに、「コレ意外に易しいのよ、便利ヨー、
とにかく何でもデキちゃうんだから」と、得意満面に朝比奈のガラケーを見下ろす。
Big DATAの最良のカモなのデアル。
そうそう、携帯電話を購入する時に、個人情報をコテコテに書かされたこと、
記憶に残っていませんか?


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
Posted at 11:51 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |