FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.08.10

ウラジロのナルシストはキツネ憑き?

朝比奈の仕事場では、「ウラジロ」と呼ばれるモノが大活躍している!
世の中で「リサイクル」などという言葉が流行る、ずっと前からだ。
編集屋の仕事場は、羊たち以上に「紙」を食う。
ワープロを使い→ レーザー・プリンタを使い、
複合機なるものを利用するようになってから、「ああっ!ヤメテ、ヤメテ!」と
叫ぶうちに、スタスタと驚くべき枚数の紙が吐き出されてしまう。
当初の「チースタ、チースタ」と印刷していたプリンタが、
「ダダダダダッ!」と机響きをさせていたころは、驚いたが、まだ余裕があった。
そのうち、音無しの構えでシューッと、とんでもない量を吐き出すようになったのだ。
ああ無情! コピー機カウンターの料金稼ぎか! と恨めしく睨みつける。

そんな大量の「もはや不要になった出力原稿」が、きちんとパックされ、
積み上げられ、出番を待っている。こうしたコピー用紙を、
「ウラジロ」と呼んでいるのだ。
FAX受信用、社内文書や、WikiなどNet情報の出力用に大活躍している。
もちろん最終原稿でない出力は、ウラジロで結構なのだ。
ここは付言しておこう!
知覚と認識の問題で、モニター画面で見たのと、紙に印刷された文字とでは、
印象が大きく異なる。DATA的なものはさほど変わらないが、
漢字仮名まじりの日本語文などでは、文章の呼吸や雰囲気が、
正確に伝わってこないから不思議だ。ということで、編集屋の原稿は出力する。

そうそう、本論へ戻ろう!
さっき打ち込んだ「認知症関連の原稿」のウラジロは……?
脳がグ~ンとワープした。
うん? アレクサンドリア、クレオパトラとカエサルの会話である!
リズミカル、みずみずしくキュート、「いいなあ、ステキだ!」
どうして、こんな美しい文章が書けたんだろう?
何としても不思議だ。キツネが憑いたのかも知れない。
これまた編集屋のパートナーが、よく言っていた。
「ダメだ。またボツ! 早くキツネが来てくれないかなぁ」と。
そして、ふと、また、キツネを呼んでいる。

30503063275_ee0ef631ec_z.jpg
Photo by caligula1995


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト