information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』
そして『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!
2017.09.28

女性の問題:メイ氏&メルケル氏

朝比奈はバアサンだが、いちおう女性である。
そして一応、曲がりなりにも法人の運営主なので、
国家運営についても、常々、深く・広く眼を光らせている、ツモリ。
じっと、ギラギラと、眼を光らせるポイントは、国家元首・メイとメルケルだ。
そして、ポイントに当てるのは、動物学的メジャーで、
主として敬愛しているドーキンス先生(→コチラ)の、さまざまなDNA理論である。

Theresa_May_UK_Home_Office_(cropped).jpg Angela_Merkel_(August_2012)_cropped.jpg
Theresa May        Angela Merkel

英国はメイの前に、サッチャーが首相になって、辣腕を振るった。
短期的には成功だったが、結構、ブレアが後始末をやっている。
現在のメイは、まだ、よくはわからない、が、
おおむね、すでにサッチャー同様の女性型が濃厚に展開している。
ドイツのメルケルは、だいぶ夫君が協力しているらしい、が、
方法論的には、“女性型モロダシ”の政治運営法といえそう。

結論を先に言えば、“女性型モロダシ”の政治運営法は、
中・長期的には危険なのだ! どのように?
がっちり手堅く、しかし、ジリ貧へ向かうのである。
これは♀の特性で、♂が稼いで♀が家庭を守るならメデタシ・メデタシ。
しかし、経済、特に国家経済ともなると、サラリーマン家庭とは決定的に違う。
国家経済・国際経済は、ダイナミックに拡大と圧縮・縮小を繰り返し、
そのダイナミックなエネルギー効果を利用していかなければ、ジリ貧へと向かう。
このダイナミズム、そしてこのゲーム性こそ♂の持つ、何より価値ある特性なのだ!

メルケルさんは、数多くの労働者を導入して人口を増やし、
工場をたくさん造って、工業生産量を高めて、ドイツ経済を豊かにしようと。
なかなか結構なお考え、だけど、それってアナクロニズムでは?
どのように? 高速道路などのインフラには公共投資を極力しない。
えっ! 道路や橋がヨタヨタで、工業生産をどうやって上げるの?
原料も製品の流れも、ガタビシ&ドンヅマリで。

メルケルは、しまりやオバサン。ケインズ理論に反しちゃってる。
これ、サラリーマン家庭の奥さんの考え方と同じ。
支出を最低限にキリツメて、健全家計、健全財政にしよう! と。
サラリーマン家庭の場合は、ダンナが高級スーツを着ようと、高級車に乗ろうと、
収入はほぼ一定で、投資効果は無いに等しい。しかし企業の場合は、
的確に投資すればリターンが見込める。

そこで、的確な投資とは何か? 時流に乗った、ハイ・リターン投資だ。
しかしメルケルは、
旧式の生産性の低い工場設備で、数多くの労働者を働かせるという大昔の発想。
何より、自然逓減しつつあるドイツ人口の数字がコワイのだ?
だから、どんどん移民を受け入れ、
移民にフィットする、生産性の低い工場をばんばん建設し、内需を拡大。
そして「財政は健全化してるでしょ」と。だけど、
GDP(国内総生産)に対する公共投資は、年率2%台前半(10年間)。
ちなみに、EU仲間のフランスは、3~4%である。

トラックが走れる橋の多くが老朽化し、道路も部分的な手直しばかり……、
「公共投資をせず、ガッチリ財布のヒモを締めているのは、オバサン的だなあ」
投資が不足すれば、資本主義は回らない。
「穴掘りをして、埋め戻し、また穴掘りをしてればいい」んだって、
ケインズ先生が言ったでしょ。
でも、日本のおバアチャンもタンス貯金が好きだけど。
INF(国際通貨基金)がメルケルさんに、
「国内のインフラ投資に財政余力を使いなさい」って。でも、効き目なし!
でも、ドイツ国民はメルケル続投を決めちゃった。
ダンナさんは♂らしいけど、奥様の言うとおり?
これはもう、日本の振り込め詐欺に、ベルリンへ出張してもらわないと!!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト