FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.09.11

進化には分子時計が必要?

軍拡競争、ただ乗り、共同生活、裏切り、労働分業、殺戮に満ちた競争、
自己犠牲的協力……ああ、ナンテコッタ! これは人間社会の現実でもあるが、
細菌社会の実状でもある、というのだ。ということは、
40億年近くも営々と続いてきた「実績」である。
ヒトは、単細胞生物から進化したのだというけれど、「進化」とは何か?
結局、やっていることの根本は、何にも変っていないのではないか?
ゴキブリとも、アメーバやアリンコ、ヘビやハエとも。
こういう途方もない時間を遡るのに、「分子時計」を使うというのだから、
ビックリ仰天! 「どんなカラクリの時計?」と首を長くする。

たとえば、「共通の祖先がある二つの種には、共通祖先と同じ遺伝子の対応が、
いろいろある。―――対応する対のそれぞれが独立して時を刻む」
これが、
分子時計だ。「DNA文書に変化したところが何個あるか数えれば、
共通の祖先がいつごろ生きていたかが推定できる」
のだそうだ。
(「パラドクスだらけの生命」アンドレアス・ワグナー著、松浦俊輔訳/青土社)

ところが、「共通の遺伝子の中、まったく別の物語を語る遺伝子もある」と。
つまり、「遺伝子のうち一方は“嘘をついている”に違いない。」
この嘘とは?「同じ組み合わせになっている一方の遺伝子は、
両種間で最近になって移動した」
とすることだという。
うーん……でも、この話は最近と言っても、「細菌の話」だから、
感心するだけで終わりにしておこう。

「誰の体でも、毎日何百万という細胞が命を捧げている。」というが、
それは、「新陳代謝でしょう」と言ってしまえないほどの量である?
ナント、人体の中で毎年死ぬ細胞の重さは、「体重全体に匹敵する」というのだ。
細胞は自殺する! プログラム細胞死と呼ばれるもので、毎日、何百万という
細胞が死に、他の細胞に置き換わっている。それは、皮膚がぼろぼろ剥けたり、
髪の毛が抜けたり、伸びた爪を切る時に、なんとなく了解している。しかし、
「毎年死ぬ細胞の重さは、――体重全体に匹敵する。」と言われると、
呆れてしまわないだろうか? そしてこれらが、細胞の自殺であり、
ナント! その自殺が、他の細胞が「自殺せよ!」と言ってくるからだ、
というのだから“ああ無情!”である。このプロセスを詳細にたどると、
もっと、無情どころか“非情”で、「細胞を切り刻むナイフ」なるものがある。
そしてこのナイフとは、変化したタンパク質だという。
目の前のコップの中の白い液体、牛乳、タンパク質をじっと見つめてしまった。

8418090146_e6d1e86dbd_z.jpg 43941746162_8803bd7bd3_z.jpg
Photo by Dimitry B    Photo by Ray in Manila


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
2018.07.13

昆虫たち、みんな地震が怖いんだ!

先日(7月8日)午後8時23分ごろ、千葉県東方沖で海底地震があった。
ユラリと来れば、すぐにTVをつける。
東京都港区も揺れたが、なんてことはない。が、驚いた!
刺されるとトンデモナイ(のは知ってるが、名は知らない)昆虫が、
白い壁に止まってオロオロしている。これは、仕留めねば大変だ!
濡れ雑巾片手にしずしずバン。見事ヒット! やれやれ――。
うん? ふと、天井を見上げると、同じ仲間が止まってる。
天井ねぇ、どうしよう? そうだ! 1本残してある登山用ストックだ!
コレは、玄関の傘立てにある、万が一の応戦用武器として。

4798326343_eaa1d02c2b_z.jpg
Photo by akunamatata

ストックの先に雑巾を巻き付け(対抗面積を広くする)、天井に止まってる
アブナイ昆虫めがけてグイン! ヤッター成功! でも、ゴメンネ。
やれやれ、雑巾を持って風呂場へ向かうと、
その前に、同じ仲間がオロオロ身を伏せている!
Oh! オマエもか。スリッパ代りの畳み付きゴム草履で、「ゴメンね」と踏みつぶした。
ああ、なんて殺生しちゃったんだ3匹も! なんまんだぶ・アーメン&アッラー……。
みーんな、地震が怖いんだね。普段だって、ニアミスしなきゃ刺さないわけだけど。
ゴメン・ゴメン地震が悪いんだー! でもキミたち、
3次元飛行可能なのに、なんで? 壁や天井や床にへばり付いちゃうの?

ああ、そうか! キミたちは飛行するのに、地磁気とか電磁波を使うんだ。
地震が起こると、地球の地殻の岩石からイオンが空中に放射され、
そいつらのセイで、空中を飛んでる電磁波が大騒ぎする。
それで、キミたちの飛行センサが狂って、飛べなくなる!
ああそれは、コワイ!コワイ!

ニンゲンは電磁波でTVの地震速報を見てるけど、キミたちは、
自前の携帯用センサを頼りに、飛んでいるんだからね、そりゃー大変だ!
ちっこいアタマの中で、何を考えてるの? どうしよう? 踏んづけちゃってもいい?
もし、キミたちに刺されると、痛いし、腫れちゃうし、熱も出ちゃうし……。
しかし、キミたち、網戸がきちんと閉まっているのに、どこから入って来たの?
ニンゲンの部屋は安全と、思ったの? それとも“光”を目指して?
ああ、話は尽きないなぁー。だけど、グチュ!ゴメン!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


2018.02.08

DNAの自発変異?!

朝比奈は、相棒Sを送って行く散歩などでは、いつも同じ道を律儀に歩く。
しかし、PC内のWikipedia散歩となると、次から次へと飛んで、迷路へ迷い込む。
先日も、トンネル顕微鏡からトンネル効果を追っかけて、ナント!
量子生物学なる世界へ突入。

「DNA自発変異は通常のDNA複製時において、
特に重要なプロトンが確率の低い量子トンネリングを起こすことによって生じ、
これを量子生物学では『プロトントンネリング』と呼ぶ」
と。
そして続く一文に、朝比奈の目はピカピカ!!

「変異が起こるためにはプロトンは浅い方の井戸にトンネル抜けする必要がある。
―――このような状態でDNAの複製が始まった場合、
DNA塩基対の会合則が乱され、変異が起こりうる」
。これは、
ペル=オロフ・レフディンがDNA二重螺旋中における自発変異を取り扱う理論
として構築したものだという。そして
「その他の量子トンネル由来の変異が老化や癌化の原因であると考えられている」と。

これは、当たり前だがスゴイ話である!
“DNA二重螺旋中における自発変異”については、「当然のこと」と予想していた。
理由は、「DNA中の自発変異」こそ、生命体進化の原動力となるシグナルでは?
と、朝比奈は考えていたからだ。
今回の出会いのスゴイところは、プロトン(陽子=水素原子核)のトンネル抜けだ。

Oh! 朝比奈最愛の、
シュレディンガー先生のΨ(波動関数)が、眼前で踊っているのです。

542370154_9b938dc090_o.jpg
DNA rendering, by ynse


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


2018.01.26

カラビ-ヤウ? 絡み-合う? 空間が?

このところ朝比奈は、「ひも」に凝っている!
お正月だから、「組紐」とか「飾り紐」とか? ひょっとして、
「紐打ちを習い始めたの? 上品だけど、おばあちゃんらしい趣味ねぇ」
ガーン!「ちょっ、ちょっ、ちょっと待って! 紐というより、超ひもなんです」

そもそも朝比奈が「ひも」とか「超ひも」に出会ったのは5年ほど前。
制作中であった『現代サイエンスの常識事典』の取材中であった。
すっかり魅了されてしまった朝比奈は、自著『般若心経&YOGA』のカヴァーに、
“カラビ-ヤウ図形”を使ってしまうほどの惚れ込みよう!

hannya_image001.jpg

そして本年のお正月。「カラビ-ヤウ図形」が、初夢ならぬ
ステキなオニイサンの画像入りで、amazon から飛んで来たのだ! ルンルン。
ステキなオニイサン(今はオジサン)とはBrian Green.
「現役ひも理論研究者のなかでも指折り」と、超ひも理論の権威からのお墨付き。
というより、まず朝比奈は書名『the elegant universe』、そして副題
「superstrings, hidden dimensions, and the quest for the ultimate theory」
に魅了されてしまったのだ!

うるうるしてしまう記述を、ちょびっと紹介。
「ビッグバン後の、宇宙が激動に満ちて熱い時点では、巻き上げられた
カラビ-ヤウ空間成分は小さいままだが、熱狂的に躍るように動き、その織物は
繰り返し裂けては結合していくつものカラビ-ヤウ図形をへる」
と。
Oh! 虚空に、『般若心経&YOGA』のカヴァー画像・カラビ-ヤウ図形が浮かび、
グングン拡大し、ダイナミックに運動しながら朝比奈へ押し寄せ、
ビートの効いたProgress Rockの振動そのもののノリで、やがて朝比奈は、
取り込まれてしまった! なんと「今年は、春から縁起がいい!」のだ。
と、「白昼初夢」にカンドー、感動!!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


2016.11.29

「電波でしか視えない地球」ってどんなん?

ヘビとか、コウモリ、蝶なんかが、見てる森や畑やもちろん人間って、
どんな姿なんだろう? 意外と「考えてみたこともない!」ではありません?
暗視ゴーグルを付けて、月の出ない真夜中に、
オサマ・ビン・ラディンの隠れ家に乗り込んだDEVGRU(United States Naval
Special Warfare Development = 対テロリスト部隊)の話とか、
麻薬シンジケートの洞窟アジトへ乗り込むCIA +FBIチームなんかの様子は、
映画で見たことがあるけれど、超おもしろい!
暗視ゴーグルは、赤外線をキャッチして見るのだから、
ヘビと同じ仕組みである。

電波で見ると、どう見える?
自分の暮らしている東京、日本なんかが乗っかっている、
地球を電波で見たら、どう見えるのか?
コウモリは、超音波(30kHZ~100kHZ)の高周波を出して
エコロケーション(反響定位)を行うというけれど、
地球を電波で見るって、どうやるんだろう?
電波望遠鏡は、パラボラアンテナと電波を増幅・検出する受信機、
データを解析・記録するコンピュータなどなどで構成される。
早い話が、電波望遠鏡は宇宙からやってくる電波を捉えるわけ。
しかし、地球を電波で見るにはどうするか?
アリマシタ! 名案! 迷案?
宇宙人に発注するか、地球を周回している宇宙ステーションから、
電波を発信してもらえばいい!?  いっそ、衛星を打ち上げちゃえば、なおGood!

ひょっとして、地球上のいろんな場所から、いろんな角度で電波を発信し、
厚い雲にぶつかったら適当に折れ曲がって、
いろんな所にあるアンテナで、それぞれ受信され、
それを頭の超いいヒトが考えた解析法で、モニターに映し出す……とか。
ああ、ワケワカンナイ!
とにかく、「電波でしか視えない地球」一般向け公開講座へ行ってみよう!
わかるかも知れない。
地球、環境、生体などなど、いろんな領域での最新トピックス満載。
しかも、一般人にわかりやすく説明してくれるというのだから。
ひょっとして、砂漠地帯で展開されている戦闘なんかも見えるのかなぁ……?
楽しみ、楽しみ、もう行って見るしかない!

詳細はコチラ

8244321945_c8665fff26_z (1)
Blue Marble 2000,
Photo by NASA Goddard Photo and Video


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。