FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.12.10

人生は苦悩が絶えない、だから幻覚剤?

前回の続きです・・・

幻覚剤の問題に、朝比奈がこだわるのは「瞑想」との関係だ。
有史以来、人類は幻覚剤を利用してきた。これは、人類に限らず、
他の哺乳類にも見られることで、幻覚とはちょっと違うかも知ないが、
ネコにおけるマタタビも「かじると、酔ったようになる」ということから類推すれば、
ヒトのアルコールや幻覚剤反応と同様の作用ではないか?

そこで、ウーム深い! と唸ってしまった。調べてみると、
ネコ科の動物は、マタタビの含有成分であるマタタビラクトンに反応するらしい。
マタタビラクトンがフェロモンのような作用をもち、
ネコ科の動物、ライオンやトラまでもハイにし、恍惚状態にしてしまうらしい。
ということは? 同じ哺乳類だから、ヒトもマタタビでハイになるだろうか? と、
ついツマラナイことを夢想してしまうのが、朝比奈のクセである。
そう、ヒトがマタタビを大量に食べて、ゴロニャ~ンと恍惚状態になったら……。
まあ、考えてみれば、「そんなコトなら」数千年の人類史の中で、当然、
発見・利用されているはずだから、たぶん、ヒトには効かないに違いない。

4312698969_e7ac9c6000_z.jpg
Photo by Nicholas Smale

ところで有史以来、人類はさまざまに、幻覚剤を利用してきた。
この事実を深く考えてみると、いつの世も、どこの地域でも、
ヒトは、いかに多くの苦悩に直面してきたか、ということに思い至る。
釈迦 ゴータマ・ブッダは、生老病死・愛別離苦なんて四苦八苦を説いたが……。
これらの「苦」を「幻(まぼろし=実態・実体がない)」と捉え、
認識に入れない(認知しない)ようにするために、感覚器官を遮断するとか、
受容を甘くするとかゴマカス(幻覚)ために、薬物を使用する?
そう、薬物! しかし、感覚器官を遮断するなら、YOGAの瞑想で充分である?
①制感・意識分画(プラティヤハーラ)から始まり、
②凝念(ダラーナ) ③静慮(ディヤーナ) ④三昧(サマーディ)へと深まる。
いわゆる瞑想による「超越」というのは、④三昧の状態に当たる。

Open! Mind & Body,”でしばしば紹介してきたが、
「超越」というのは、脳の論理システムの組換えがDynamicに展開していく状態だ。
つまり、この体験前の概念や観念からfreeになることで、まず、
実に気持ちがいい! 単純なSystem 構造のヒトの場合には、やたら気が大きくなり、
自分が超優秀で、立派な人物になってしまう。が、
これは、あくまでも自脳内の「自己認識」にほかならない。
そう、あくまでも自脳内の「自己認識」。
だって、隣のヒトは、そんな他人の優越感なんて知らない! ここで、
頭脳system が単純なヒトと、複雑に構築されているヒトでは、大きな違いが出る。

まず、脳system が複雑に構築されているヒトでは、ここで“自己相対化”が起こる。
「お前、超優秀で立派な気分になってるけど、どのように優秀で、社会的に
立派と評価される基準の何を満たしているの? 社会を広く、深く、よく見たら?」と。

これはとても簡単なことのようだが、一般社会を見渡すと、
この“自己相対化”ができているヒトは、驚くほど少ない。そして、
周囲にチヤホヤされているヒトほど、難しい!? さらに、
これは実にオモシロイ現象で、ヨガなどをやって「超越」しちゃったヒトに多いのだ!
そして、「超越体験」など説き始め、教団などを作っちゃったりする。
????ヨガなどをやって「超越」?
ヨガは、インチキ・ヨガであっても、心身をある種systematicに操練すれば、
心身は指示どおりに結果を出す! それがコワイのだ!!
神経systemの感度が良ければ、予想以上の暴走も起こる!
何しろ、入力量・圧の、予想をすることすら知らない人々が運転をするのだから……?

「入力量・圧の、予想」とは? これは、論理的思考能力である。
一般に、麻薬に溺れるヒトの場合、論理的思考能力の問題が顕著であるように思う。
差し障りのなさそうなヒトとして、小説家の太宰 治を例に取ろう。
神経を鋭敏に研ぎ澄まし、数々の作品を産み出す。すると、
当然のことながら、神経systemの偏りが生まれ、偏りはストレスを産み、
ストレスに耐えるために、アルコールや薬物で神経を鈍麻させる……、
このprocess 連鎖を見れば、破綻は容易に予測できる――はずである!
自身はどうか? つねに、自分自身を、広く深く見つめる必要がある!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
2018.11.16

YOGAって、何? どんなもの?

朝比奈のYOGAで、教室を運営したい、という人がやって来た。
開設する場所は、貸スタジオ。Netで該当ページを開いてみてビックリ!
そのスタジオで開設されている、いろいろな「ヨガの種類」の多さである。

今度はrandomに、流行りのヨガ教室のHPを開いてみた。
驚いたことに、各教室の料金プランの表示爛に、保険項目があるのだ。
有名な、大規模展開しているところの紹介文には、
なんと!「ヨガに怪我は付き物」という一文があり、仰天してしまった。
コレハナンダ! みんなヨガをうたっているが、YOGAでは決して、怪我はしない!
もっと驚いたのは、各ポーズを連続的に休みなく、流れるように行っているものだ。
これは、根本的にYOGAではない!

YOGAでは、「死体のポーズ(アーサナ)」というのがあり、いわば、
このポーズの効能を高め、深めるために、さまざまなポーズを行うのである。
これには、哲学的な深い意味もあるが、身体的には、
身体の高度な緊張の後にもたらされる、深い弛緩を狙ってのことであり、
この「死体のポーズ」の間に、生体が行う自動修正が目的なのだ。
朝比奈が、自身のYOGAに「システムYOGA」という表記を用いる所以である。

ああ、………何も、言う術がない! 彼らは「ヨガ」と名乗っているし、
それを求める人々も多いのだから………いいかぁ。
でも、YOGAに似たような「ヨガ」をして、怪我をしてしまう人々が少なくない、
としたら、それはやっぱり“大問題!”だろう。といって、
この真実を述べるには、多くのページが必要だ。ということで、
『YOGA COSMIC SYSTEM』(digital版/朝比奈桐子著)を、
じっくりお読みいただくのがいいだろう。
少なくとも、他人にYOGA、ヨガ?を指導する立場にある人なら、
目からウロコの“必読の書”である。

yoga_cover.jpg

★指導者は「ヨガ」を指導しているつもりでも、
教わる人々の体質はさまざまで、指導者の経験にないような身体反応が出てくる。
しかも、そうした身体反応の中には、放置しておくべきではないことも多々あり、
Real time 処置が欠かせない。骨折や脱臼のように目に見える事故なら驚くだろうが、
機能的な反応は目に見えないだけに、高度な知見・技術が必要なのだ。

★保険でcoverできるのは、因果関係が即、目に見えるケガなどの事態に限られる。
「ヨガ」指導者には、心身の生理・機能などなど、
伝統的な観点と、現代サイエンスの広範な知識が求められるところだ。

☆☆YOGAとは、自身の心身が深く見つめ合う技術である!

★ヨガ練習をして、“初めの半年~1年は良かったけれど、このごろどーもねぇ”
とか、“首が寝違えたように痛くなった”という方々は、どうぞご相談ください。
これらは、典型的な「ヨガのリアクション」なのです。

★もちろん、ヨガ指導者の方々もどうぞ。生徒さんをお守りするために!

36469526764_4ba6cee8f7_z.jpg
Photo by holger.alts


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


2018.11.07

婆がNEURON話をすると、バッカじゃないの!

11月6日18:00(2018年)、瞑想の極致を体験。記念すべき時を迎えた。
それは、全脳のNEURONがバランスよく発火して、しかもウネリがない状態。
この、「ウネリがない状態」というのが、どれほど高度な脳内現象なのか、
知っている人は、少ないだろう。詳細内容は、高度かつ複雑なので割愛。
「調子いいこと言って!」と思う方々は、ご連絡を! ご回答します。

よく、瞑想による至福感とか、神と合一した意識などと表現される
意識現象があるが、朝比奈は、あくまで静かにscientificに観察している。
今回の体験は、これまで数回、体験してきたいわゆる「超越」とは、明らかに違う。
どのように? を、端的に表現すれば「気分」というような情動を一切含まない、
Digitalな電気的現象、全脳的NEURON発火・コラボ現象の知覚である。

この体験によって、いわゆる瞑想による意識の拡大とか、宇宙意識体験というのが、
蓄積されてきた記憶と結びついた、意識の翻訳表現である、ということを知った!

たしかに、発火頻度が高まればenergy levelが上がるのだから、
意識の拡大感覚はある、そう、認識している。
しかしそれが、「宇宙意識体験」などと表現されると、
多分にオカルトじみてくる。これが、朝比奈の泣きどころなのだ。
つまり、頭のぶっとんだオカルト婆さん、と一緒くたに、認識されてしまうのだから。
困ったもんだ! しかし、論理構築が緻密で膨大な情報をあやつっている脳たちが、
この種のコトを話した場合、聞く方はワケがわからなくても、
エライ先生の言うことなら、「そういうものか」と思うのだから、不思議である。が、
これは、不思議どころか、社会一般の通念らしい。

そんなグチめいたことはともかく、この「全脳的NEURON発火・コラボ現象」の、
多大なるメリットを引き出して、活用しまくれば、世の中の他人が何と言おうと
“コッチのもんだ!”と、婆は意を決したところである。
と思うと、いろいろなアイディアが湧き出してきて、るんるんモードに突入!
とまぁ、「ウツ」とは無縁の
ノーテンキ(脳天気? 能天気? 能転気? Oh!こんなにあるんだ『広辞苑』!)婆は、
情報収集に勤しみながら、ウッシッシなのだ。
楽しいなぁ、なんて言うと、バッカじゃないの! と言われる当世である。

27803545361_fafc8840a0_z.jpg
Photo by Michael Seeley


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


2018.10.05

「座禅で心も体もスッキリ」にご注意!

20180928asahi.jpg

朝日新聞9月28日(2018年、朝刊)の記事である。

座禅は、インド・ヨガの瞑想法が、中国に伝播し、独立・大成された技法だ。
近年の敦煌出土資料によれば、禅宗の初祖といわれる達磨大師(Bodhi dharma)は、
バラモン階級の出で、大乗仏教を志した。
大乗仏教の要は唯識(ゆいしき)説であり、今日の深層心理学の大先輩。
これが釈迦没後の瑜伽唯識派の説くところで、
瑜伽(ゆが)はYogaの音写である。そしてBodhi dharmaに弟子入りし、
ヨガの伝授を受けたのが慧可。慧可は面壁9年の達磨大師として知られている。
そして慧可に教えを受けたのが空海・弘法大師で、真言密教瞑想法を樹立する。
達磨の後、「禅」が宗派として成立したのは6祖慧能から。
中国の宋代に臨済・雲門の2宗が栄え、臨済宗は「公案」を使う。
一方、慧可→空海の密教瞑想法は「阿字観」や「月輪観」のように、画像を使う。
これは今日の画像文化の先鋒で、
視覚情報が脳機能の拡大に、いかに重要かを先取りしている。そして、
これら観法で、脳をダイナミックに作動させるには、
YOGA修練が不可欠であることも、彼らの著作に散見される。

雲門系統の曹洞宗は、正身端坐の坐禅、ただひたすら坐ることを説く。
日本には、鎌倉時代に栄西が臨済宗を、道元により曹洞宗が伝えられた。
現在の臨済宗諸派の修業の基礎を築き、公案を整理したのは江戸時代の白隠という。
(以上、ブリタニカ国際百科事典の記載など)

そしてお節介な余談だが。
記事には「約15分間の座禅を計3回行った」とある。
なぜ? 15分間なの? 脳の働き方からすると、20分1クールだ。
瞑想歴40年の朝比奈、なんと先日気付いたのだが……。
瞑想をするのにロウソクを灯す。
ホームセンターで何気なく、ロウソク箱に記されている
「灯火時間」を見ると20分なのだ! なるほど!
先人たち、そして業界はリサーチして、製造しているのね、アッパレ!

16428018938_f01d14ee6b_z.jpg
Photo by Joakim Berndes

もうひとつのオセッカイ。
小刻み瞑想をしても、意味がない! ですよ。
最初の20分間に“ある脳波のレヴェル”に入れなければ、
何回やってもその日はOUT! つまり、脳にその体勢に入れない事情があるのです!
日を改めて、チャレンジしよう!
瞑想のコツは、なんてったって、主体の「脳クン」都合に合わせることです。
「瞑想」は修行ではありません!「脳クン」の反応DATAを取りながら、
「脳クン」の喜ぶスタイルに合わせていくことが肝要です!
もし、本気で瞑想に取り組みたいなら、『意識の探求 神経科学からのアプローチ』
(クリストフ・コッホ/岩波書店)の一読をおすすめ。
「脳」システムを知らずに、脳のお仕事でオイシイことを得ようなんて!?

話は飛んで、新聞掲載写真のコメント。
瞑想(坐禅も含む)姿勢で正しいのは、座布団を3枚重ねて座っている男性のみ。
理由はaccessがあればご回答。(でも、わかるよね)重要なコトは、
NEURON神経バイパスが2本、脊柱の中を(下降・上昇)しているのだから、
この角度の取り方が最重要! 両手で○を作るなんて、イミナシ。
仏教者のコジツケはいろいろあるけど、単に手の置き場の問題で……、
手は自由にしておくのがGoodだし、瞑想中に身体をいろいろ動かすのもGood!
生命体は、ヒトのコジツケ理屈より賢く、彼らから、そう!「真如」がやってくるのだ!

そして重要なコト、「禅病」という抑圧意識の放出が電荷として現れてくる!
NEURONという電気屋さんの知識がある程度必要だし、そうした知見も、
現代では手軽に入手できる。なぜ? 昔のまんまで、やってるのかなあ?
詳しいことは、ご質問があれば回答します。たぶん、プロの方には必要かも。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


2018.08.08

“心頭滅却せば火もまた涼し”はYOGA!

台風が接近し本日は雨、室内気温は28℃(PM2時、東京)。
なんと、涼しいんだろう!
連日40℃近くをさまよっていた温度計の針も、かなり気持ちよさそう。
連日の熱暑時には、「心頭滅却!心頭滅却!」と呪文を唱えながら、
エアコンの風を3台の扇風機で、さまざまに誘導工作。
それはともかく、“心頭滅却せば火もまた涼し”と聞けば、大方が
恵林寺(山梨県甲州市塩山)の僧、快川紹喜(かいせんじょうき)を思い出すだろう。
天正10年(1582年)、焼き討ちの炎に巻かれながら「心頭滅却せば火もまた涼し」と、
焼死した臨済宗妙心寺派の禅僧である。

「禅」のオオモトはYOGAなのだが、これは意外に知られていない。
“心頭滅却せば火もまた涼し”というのは、YOGA技術でプラティヤハーラ。
日本語に訳せば「意識分画」とか「制感」となる。
つまり、感覚器官・認識・意識をコントロールする技術である。
「禅」(ゼン)は、瞑想の一段階で、「ディヤーナ」の中国語経由の音訳である。
そして「ディヤーナ」を日本語に意訳したのが「静慮(じょうりょ)」、
「三昧(さんまい)」といわれるのが「サマーディ」の音写で、
読書三昧などは、ここから来ている。つまり、集中度が高く、忘我の状態である。

“焼死”はともかく、「意識分画」や「制感」は感覚コントロールで、
真冬に氷を割って滝水を浴びるのも、この手法である。
ヤセガマンではなく、感覚コントロールなのだが、注意が必要!
注意すべきなのは、エネルギー振動という概念をキチンと理解し、もつことだ。
まあ、気合もその一種かも知れないが、氷水くらいなら皮膚をはじめ、
全身細胞の振動数を上げることで対応できる。厳冬の滝行はソレだし、
山伏行者の火渡りなども同類だ。しかし、
最重要ポイントは、あくまでもエネルギー等価変換法則が働くので、
物理的限界を冷静に考慮することである!
ということで、酷暑日には、エアコン使用がオススメなのだが、
その排熱で、地球はどんどん温まる。エネルギー等価変換法則なのだ!

7795699298_3f642ac615_z.jpg
Photo by taka_suzuki


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。