FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.05.28

我らは“神話世界”から抜けられないのか!?

これは、驚くべき事実である!
「神話」というのは、古代人の心性が安住した、
荒唐無稽な“神様の世界”の話だ、と思っていた。が、愕然とした!
このところ故あって、毎晩on bedで『神話作用』(ロラン・バルト著、
篠沢秀夫訳/現代思潮社/1980年発行)を読んでいる。
古色蒼然としたボロ本だが、鉛筆のサイドラインがあるところを見ると、
かつて、1度は、読んでいるはずである。

バルトの文章や思考経路もややこしいが、朝比奈の脳システムが、
まるで、オヨビデナカッタことに気付いた。
おそらく、前回に読んでから5~6年は経ているだろう。
脳のdeep learning system というのは、なんと頼もしいヤツなのだ!
この5~6年の間にじっくりと、古い情報や、どんどん放り込まれてくる新情報、
これまで知らなかった新しい視点、論理回路、などなどを取り込みながら、
組換え、こね回していたに相違ない。
そして、ヒトが有史以来つきあってきた「神話System」が、
「小賢しく気取っている現代人を、いとも容易く手玉にとっている」のだ
というshocking な事実を、突きつけてきたのである!

TV画面に魅力的に躍るファッションや旅行地、政治的な抗争や悲惨な戦争……などが、
「神話System」にどっぷりとハマり込んでいるという。
突き付けられる事実には、慄然とたじろぐばかりである。
とにかくヒトは、まっさらなデキタテの独自の視点で、モノ・コトを見ることが、
この上なく苦手らしい。「一切の先入観なく、ありのままをリアルに見よう!」と
決意したところで、脳は、視覚野に入る情報に、“頼まれもしないのに”
貯蔵記憶情報を勝手に照合しながら、坦々と(その実トビトビ)流れる
意識情報に入れ込んで、都合のいいように話を組み立てている。
目の前に立つ美人の細部が、グラビア・モデルのそれと、
入れ替わって組み立てられている、などというのはよくある真実らしい。

しかし雑誌のグラビアをはじめ、およそあらゆるmedia、もちろん政治も、
この手の魔法を意識的or無意識的に駆使している、というのには驚いた!
そしてこの「魔法」とは、「神話System」であるという。
何しろ「神話System」は、人類文化の曙のころから、ヒトの脳に入り込み、
それを操作してきた。しかし21世紀にもなって、コンピュータを操り、
scientificな思考回路が少なからず出来ている社会そのものが、
「神話System」に操られている! そして「神話System」の大盤振る舞い、
垂れ流しの筆頭は、TV&WebのCM。ふと、確かに! と気付いて愕然!!

なにより恐ろしいのは、「自覚なく誘導されている」ことである。
映像と音楽は、言語思考・論理思考を飛び越える。
これは、「神話」時代の巫女やいまだ原始文化を伝える地域の
シャーマンたちが誘われる変性意識状態に誘導されやすい。
大規模な音楽イベントで、失神者が出るのも、この習俗の名残といえよう。
「自覚なく、意識が変わる」ことの恐さを、深く自覚する必要があるだろう。

9912273526_6b2ce5f3c3_z.jpg
Photo by PolandMFA


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
2018.05.09

share & demonstration, お裾分け&示威行動

昔むかし、1975年ごろのことだったが、
「知的ミーハー」という言葉が流行ったことがある。それが現在も、
いや、現在はもっとimpactをもって流行している現象である、
ということを知って、驚いた! 当時に比べれば、比較にならないほどの
高度情報時代なのだから、今さら驚くに当たらないのかも知れない、が。

高度情報時代というより、爆発的情報時代というのが、適切な表現だろう。
その牽引toolはinternetであり、そこで運用されている
SNS(social networking service)だ。
現に、朝比奈のこのblogも、その恩恵を受けている。
日夜、世界中(地球表面&低層空間)で、莫大な情報が流動しているのだ。
重要なことは、それら莫大な情報に、恣意的な情報が、天文学的数字量で、
含まれていること。「恣意的な情報」とは、勝手気ままな情報ということで、
最悪の場合が「一緒に自殺しましょう、殺人しましょう、ギャング……」という誘い。
しかし、コワイことは山ほどある! 上記「  」内情報などは、
ストレートなら、検閲に引っかかりやすい。

しかし、ヒトの脳システムの働き方を変えていく手法は、検閲をスリ抜ける。
判断基準が作りにくいからだ。そういった内輪のコトはともかく、
表層の問題も、爆発的に脳システムの恣意的な操作にハマッテいる
さらに、この問題が活字文化のスタイルにまで及んできているのが、重大問題!

重大問題のpointsは、
まず、「それ、知ってる!」という会話だ。朝比奈の頭脳は、極めて愚鈍で、
話についていけない。一例を上げれば、「構造主義」を理解するのに、
40数年かかっている。昨秋来、やっと理解できたのは、
カッシーラの『人間』(岩波文庫)に出会ってからだ。
同書の前に、彼の数冊を読んでいた。が、
構造主義者たちの追った「神話の構造」がわかったのは、
やっと、『人間』に至ってである。

ningen.jpg

ふと、「それ、知ってる!」とか、『寝ながら学べる構造主義』(文春新書)で、
構造主義がワカルというのは、どのような脳のコウゾウなのだろうか? と、
首をひねる。『人間』を読んで驚くのは、カッシーラが、
「構造主義」を標榜する学者や思想家、作家たちを、次々と鋭く追及していくことだ。
「現今の日本だけじゃないんだなぁー、似非学者に追随するのは……」と思う。
自身が知ってることを「お裾分け」しながら、自身の存在を「示威」する、
これは、人気者、有名人、権威者……といった、nameが大好きな日本人にぴったり?
最良targetとして大量出版する、大手出版社の姿勢には、
口をポカンと開け、その構造を想像しながら、眺めるのみである!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


2018.05.02

セクハラorパワハラはオモロイGame!

前回、セクハラについて述べたので、今回はパワハラ。
朝比奈は編集屋だが、ギョーカイでは“ヘンプロ”と呼ばれている。
差別意識を持ち、差別用語として呼ぶのは、大手・中堅の出版社のヒトビト。
それにならって、自ら「ヘンプロで~す」と名乗る方々もおわす。
当然、ヘンプロと呼ばれる方は、企画からフィニッシュまで、
版元(出版社)の担当者を、オンブにダッコで仕事を遂行する。
この事実をWin×Winでウマク利用するカシコイ人もいるが、
編集屋をヘンプロ呼ばわりして、パワハラに徹するバカ者も、男女ともに少なくない。
「ヘンプロで~す」と名乗る方々は、「仕事をくれさえすればOK」だ。

しかし、人類はもちろんすべての生命体は“みな平等”の思想を持つ
朝比奈は、差別には反対!である。
そして何より、いずこの社会でも、差別をするヒトは少なからず問題者だが、
それを言うと“差別”になるから断じて言わない! そこで、どうするか?
楽しい戦略Gameの導入である! Gameに勝つためには、徹底的に相手を研究する。
「○○ハラ」とか言って、被害者modeになるのは楽しくないし、負けである!
救済センターみたいな所に行くのは、ミジメである!?
DNAに仕込まれた生命体の法則は、「ヤラレたらヤリ返せ」である。
確かに、救済センターみたいな所にHelpしてもらってヤリ返すのも一手だが、
それは「被害者mode」で、自ら“ヤッターッ! そらね”という達成感がない? し、
次々と、救済者頼みをしなければならない。

だいたい「○○ハラ」をするヤツは、本質的に弱く、賢くない、スケールが小さい。
なぜ?って、自分が強く・賢ければ、「弱い者イジメ」なんて、しているヒマがない。
そして何より、「自身が強くもなければ、賢くもない」ことがわかっているヤツだから、
「弱い者イジメ」で、憂さはらし&優越感を味わおうと、企むのだ。
こんなヤカラを「オトす」「トバす」「ハメル」のは、わけないコトだ。
スリスリして、ちやほやして、おだて上げる???
そう、「あなたのように人格が優れ、実力のある立派な人は、応援したい」
そして、相手が男で自身が女性なら、
「よほど素晴らしい女性たちに、チヤホヤされてるんでしょうね」と。
アクセスされそうになったら、「えっ! それほどお困り?
私なんかにランクを落とすこと、ないでしょ! では、ご健闘を!」と。
これで引き下がらないオトコは、オオカミclassなので
body guardに他者(別の、前者よりいい男)の協力を仰ぐべし。

「ホント話」をすると、多くの女性が「イヤなヤツ」と感じ、思っている反面、
“attack”された事実を、深層では「自分の魅力」と認識している? だって、
「そんなヤツにもスルーされるほど、自分に魅力がないなんて思えない」から。
ホントに“被害”に遭いたくないなら、「カワイコちゃん面しないこと、でしょう」ね。
これ、マチガッテいます? よーく、ご自身と話し合って欲しいなあ。

「パワハラ」の方は簡単。だって、パワハラするヤツは、
土台バカで気が弱いのを、エリマキトカゲしてるんだから、
持ち上げて、持ち上げて、その間に、いろんなゴマカシ情報を収集し、
戦略的にスッコカス! 上位組織は、その種の情報を喜ぶものだ。
なにしろ、そんなヤツは、自身に頭も力もないから、エリマキトカゲするしかないのだ!

Frill-necked_Lizard.jpg

こんな簡単でうれしい処理法はない! というお助け組織は有難いけれど、
長い人生、他人頼みじゃぁ、次の難所もまた、
同じレベルでやってくる。まぁ、堂々巡りもいいかぁ?
でも、自身で賢く切り抜けなくちゃ、いつまでたっても……ねぇ。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


2018.05.01

おっぱい触っていい? 発言のマジ?

なぜ? こうもギスギスした世の中なのか?!
これは、女性が“力(アタマではない)を持とうとしてモテナイ”特徴なのでは?
4月24日の朝日新聞記事、
「おっぱい触っていい?」発言報道、「財務省の調査手法」について。

なぜ、「どうぞ、TVカメラの前で。首洗ってきれいにしてからね」+ウィンクと
Elegantに言わないのだろう? マジ、大抵の男(地位&名誉を重んじる)は、
大いにビビッて、苦笑でゴマカスはずだ!
これが、成熟した文化圏におけるセクハラ“予防”というものでは?

なぜ、♂が大事+大事にしている本丸へ、オドシをかけないのだろう?
これこそ、最も効率的&効果的な方法なのに。
どうやら、女性の機智・頓智 (つまりintelligence) の低さをさらけ出し、
端から、弱い被害者顔で、ダサイ(官僚)男を出し抜けない!

「事務次官からの聴取だけでは、事実関係の解明は困難」云々。
なんと、カッタルイ話!
これでは、冗談も飛ばせない。気楽に冗談が流通してこそ、文化は成熟していく。
これは重要な問題で、社会の潤滑剤が枯渇してくると、人々の感性&機知は細る。
ユーモア&blackユーモアの「サビ」が効かない社会は、
発展途上国である。そして世界史をひもとくと、
つねに実質的には、♀が♂を操っている! つまり、女の又には力があるのだ!
その努力を頭で、抑止力に変換せず、被害者? ふうにマスコミが騒ぎ立てるのはなぜ?

本来、ユーモア&blackユーモアが達者なのは、♂である。
ところがなぜか、日本の♂は、これがヤタラ苦手らしい。ヤマト武士?
いえ、いえ、米国だって、セクハラ問題は多いでしょ。
そうそう、欧州より後進国だから。お互い、ユーモア&blackユーモアと、
♂ vs ♀文化の洗練度を高めて、smart & elegantにイキましょう!

♂ vs ♀問題においては、なんてったって♀に主導権があるのだから。
その“権”を“剣”にして柔らかく、優しくオドシをかけるのが♀の真骨頂!
ご著書を読まずにタイトルだけで申し上げるのは失礼千万だけど、
『部長、その恋愛はセクハラです!』というのは、なんと野暮?
こんな小賢しい愚鈍な♀は、♂からすればセクハラしまくって目を覚まさせたい!
が、♂はカシコイから黙って笑ってる(オレならこんな女にゃ手を出さないけどね、と)?
だから、「すべてを失うあなたの代償が、大きすぎる!じゃない? ふふふ」と
言うのが効く!

牟田和恵さん、裁判支援だけでなく、
洗練された♂の捌き方も、教えてあげて下さいね、そうでないと、
いつまでも、この問題解決は進化しない。裁判より予防でしょ、pandemic は!
♂を、ウマクcontrolできないのは、♀の力不足!
♂も、こんな♀だらけじゃ、harassmentしまくりたい?
だって、♀の怒った顔って、やたらカワイイんだもん!

セクハラに凹んだ女性の皆さん、どうぞこちらへ。
裁判なんて、嫌でミジメったらしい♀の上塗りなんか、やめましょうよ。
いくらでも、困った男の相談をどうぞ! 痛快にやっつけよう!!
♂なんて、ちょろいもの。方法はいくらでもある!
だって、霊長類はもちろん、ほとんどの哺乳類の♀たちが、
裁判なんかしないで? ♂を鮮やかにcontrolしているんだから。
そして牟田先生も、Richard Dawkins先生に
♀ VS ♂の、圧倒的に♀優位なbattle(自然法則そのもの)を、学んで欲しいなぁ。
よろしく、どうぞ。

2827749146_f2a320aaf0_z.jpg
Photo by Olivier Lejade


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


2018.03.22

韓国、揺れる低学年の英語、これは他山の石?

少し前の話だが、「揺れる低学年の英語」という見出し(朝日新聞2月27日、朝刊)は、
韓国の話である。公立の幼稚園や小学校での「英語課外授業」を、
政府は「子どもの負担を考えて廃止しようと」。
問題の核心は、“韓国の激烈な競争社会”にあるらしい。
日本でも「英語問題」は、対岸の火ではない?
しかし英語のデキナイ朝比奈は、なぜ、それほどメクジラを立てるのか? と思う。

8508798913_8a283464de_z.jpg
Photo by KOREA.NET - Official
page of the Republic of Korea

日本社会では、ラジオ・TVの放送やCDなどによる独習法があるが、韓国には?
国際情報誌“itn Open!”を編集・発行していたころに朝比奈は、
しばしば、さまざまな国の在日大使をインタビューしていた。当然のように、
インタビューは英語が中心である。どの国でも、大使は英語が達者である。
朝比奈は英語が×だから、通訳を同行するか、日本人の大使館員にお願いする。
ここでしばしば“問題”が起こる。

通訳たちは、自分の知らない言葉を含む部分は、
トバシテ帳尻を合わせて通訳する。経済や医療、サイエンス技術など、
technical termを含む部分は、少なからずトバシに合う。
一方の朝比奈は、英語は×でも専門用語と、その世界のlogicを知っている。
そこで、ツッコミを入れる(仕事なのだから)と、通訳はお手上げとなる。こうなると、
ペラペラ英語より、たどたどしくても構造的な対話の方が、格段に了解し合える。
通訳を介すより、大使と直に合意できたことも多い。
言語以前のcommunication能力、つまり双方の合意点をどのように模索していくか、
という能力の方が重要なのだ。

欧米人などには、6~7カ国語を操る人が少なくない。
それは、言語系統が同じだから、文法の異なる部分さえ了解すれば、
あとは単語だが、これは近似の語で説明を加えていけばいい。
英会話教室へ通い、ペラペラ話すヒトが、じっくりと問題Xについて語り合おう、
という場合には、おおむね「?」である。それは、日本人同士の日本語でも同様だが。
英語だけが特別であるわけではない? 
より正確にいえば、日本語構造で成長した人は、印欧語族と発想が違うので、
その部分をadjustして表現する必要がある。とすれば、少ない語数でも、
かなり用は足りるうえに、「あなたの表現にはもっと適切な言葉がある」と、
教えてもらえることも少なくない。

もっとも不快なのは「ペラペラと、空疎な英語を並べ立てる」こと。
相手はニコニコしていても、「困ったもんだ」とお付き合い。そんな光景を、
街中で見かけることがある。日本人の方は若い女性の場合が少なくない。
communicationとは意思・思考の伝達であり、
conversationは会話の駆け引きに優れていることで、
単に英語をうまくしゃべるのはgood at speaking English。これには、
その人の人格的中味は含まれない!
日本語なら、「口の達者な人」となるかも知れない?


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。