FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2019.04.05

時間の矢と円環的時間

時間は、Big bang 以来、真っ直ぐに矢のように進んでいる、と
認識されるようになったのは、長い人類の歴史からすれば、近年ともいえるほどである。
人類の意識に、先に現れたのは「空間認識」だという。

それは、「公共地」と「私有地」の区別から始まり、
「確固不動の数学的直線によって囲まれた土地が、私有財産とみなされるように
なってからだ。それ以前は、空間は、神が所有していた時期から国家、共同体、
そして個人へと限定され、譲渡された土地だけが私有財産とみなされていたからである。」

ここで空間限定が生まれたのだが、
「宇宙についての、純粋な思考による方位決定も、
端緒の神話的な空間の方位決定から生じてきている」

というが、ここで、“言葉”をたどるとおもしろい。

「シンボル形式の哲学[二]」(カッシーラー著、木田元訳/岩波文庫)

ラテン語の「contemplari」(観照)は、神官が天を観察するために区切った空間
「templum」に由来するが、今日の英語の「temple」は、切り離された場所、
聖所、神殿を意味している。ナント!言葉の歴史はおもしろいことか!
そして、こうした「境界設定が進展」していくprocessで、組織化や分節化が進み、
「自然的宇宙全体」に広がっていく。

133389579_1768e27267_z.jpg
Photo by Cayetano

しかし、こうした空間の広がりは、刻々と変化していく。
ある時に発生した形象が、生成というprocessで、
すでに刻々と変化していくのである!
ここで、我々がふだん無自覚に通り過ぎている、重要な局面に出会う!
今日、我々は、オタマジャクシがカエルに変態したからといって、驚きはしない!?
それは、「時間経過を追って変異が累積されることによって、変態に至る」という、
process概念をもっているからだ。これは、「時間」という「奥行の次元」が、
認識と意識の間で開かれたことによるのだ。

ふと、思い出し笑いをしてしまった! 落語の「時そば」である。
蕎麦を食べた客が、勘定を払うとき、蕎麦屋の主人?が金額を数え始めると、
「今、何時(なんどき)だい?」と時刻を訊いて、「数」を誤魔化す。という話で、
これを何度も繰り返す。ふと、アタマは「円環的時間」へ飛んだ!
今日のように、「○時○分発、ニューヨーク直行便」という時代ではないから、
江戸の町の“時”は、クルクル回っていて、人々の生活も毎日ハンコを押したように、
クルクル回っていたのである。だから、火事などが起こると「江戸の華」になった!

「江戸の町という2次元空間」VS「global:地球という3次元空間」、
国際標準時を設け、日付変更線という線引きを行う文化!
地球クルクル回るから? 時間が直線に進んではマズクて、
地球クルクル回るから、時間はまっすぐに進んで行くんだ!?
ああ、目が? アタマが? クルクル回ってきた!!!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
Posted at 15:07 | 哲学cafe | COM(0) | TB(0) |
2019.02.15

善悪の彼岸と春の夕暮れ

Spring has come, cherry blossoms are in full bloomとまあ、ほんわか陽気に
うきうきと、エントランスの階段を下りながら正面を見た。
目の前の公園の桜の木々の枝は、まだスッポラケン。
うん? いやいや、枝がほの赤く膨らんでいるのだ!
たぶん、新芽とか花蕾の圧力で、ギシギシしているのだろう。
つまり、もう、春なんだ! そう、春!

ふう~ん、鳥たちもピーチクパーチク枝を突っついている。
ちょっ、ちょっ、ちょっと! 桜の花芽は食べないでね、木の幹の皮の中の、
虫を食べてちょうだい! ??? コレ、差別じゃない?
虫クン、その幼虫たちだって、楽しみにしていた春がやってきて、わくわくなんだから?
うーむ。ここで、深い「哲学的命題」にブチ当たってしまった!
何を「善」とし、何を「悪」とするのか!?
しばらく、ずーっと、桜の木の枝を見つめていた。

Oh! 名答が花開いた。『善悪の彼岸』ね、ニーチェ先生の。そうそう、
古典的なギリシャ人のように、善悪の観念なんて超えて何でもアリ!
アリ君も木のぼりしている!
つまり、鳥さんは、虫クンの子供たちを食べる、ということは桜の木を
アメリカシロヒトリなんかの食害から守っているわけだし……てな具合に、
生命体の食物連鎖は、実によくできているのだ。メデタシ、メデタシ。

うん? ちなみに、私は今、ナンデ、ココに立っているの?
そうそう、おなかペコペコなんだ! コンビニへ、
何か食べ物を物色に行くところだったんだ。
でもねぇ、オサイフの中の100円玉と10円玉で、足りるかなぁ?
どうしよう? 足りなかったら、通帳もカラッポだし……。
キミたち、いいねぇ、おなかいっぱい、新鮮なステキな香りの桜の花芽が食べられて。

ああ、なんか、桜の新芽をいっぱい食べたキミたちの、
甘く優雅な香り高い……くんくん、そのキミたちをたらふく食べた鳥さんたちの……、
“やきとり”なんて、きっとステキな香りでふっくらとジューシーでオイシソウ!
ああ、無情! なんて哀れな春の夕暮れ……。
「夕焼け小焼け」のチャイムが鳴っている……。

41860737475_ed034631c5_z.jpg
Photo by missbutterflies


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Posted at 16:07 | 哲学cafe | COM(0) | TB(0) |
2018.12.19

時間の質と、そのノビ&チヂミ

12月も半ばを過ぎると、妙に時間が気になりはじめる。
年末も正月もないような、隠居同然の朝比奈でさえそうなのだから、
第一線で仕事をしていれば、なおさらでは? が、
意外に、仕事中に、海外旅行準備情報を求めてnet surfingしているかも知れない?
コレ、年末仕事ラッシュのストレス解消には、最適かも知れない!

ハワイアン・ギターの調べとサーフィンの緊張とユラギの快感……、
年末年始はモルジブあたりか……ガーン! 机上の電話が点滅&呼び出し音。
発注ミス? 得意先からのクレーム? 子供が発熱したから保育園へ迎えに行け……
冗談じゃねぇよ! このクソ忙しい時に? 忙しかったかなぁ?
???何コレ? さっきまで、ゆるやかぁ~に流れていた時間が、
突如、ドタバタ・ガタピシ、ガンガンと流れだした? ああ、もうヤダー!

こんな時には、「時間の質」について考えるのが、オススメ!
ちょっと3~5分間、瞑想しよう! 
居眠りと誤解されると困るから、目はパッチリ!
まず、ササッと、脳内をふらついている情報を片づけ、パパッと優先順位を付ける。
それだけ! 後は脳クンにお任せで、「テキトーにやってね!」と指示。
アタマの中は、モルジブの潮騒と波の揺らぎ……アッそうか! アレはすっ飛ばしても、
当分は問題ナシなんだ。このクソ忙しい時に、手を付けるのはバカ! そうだ!
“果報寝て待て”が、充分に効く案件なんだ! ヨシヨシといった具合。

ほらね、時間がグ~ンと延びちゃったでしょ?
年末仕事には、こうしたアタマのお遊びが楽しいのです。なにせ、
“時間・空間”は自在に変身(変換?)してくれるのですから。
「時・空」を「おひとつ、いかが?」

14401060837_e56c5f1d7c_z.jpg
Photo by Mac Qin


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Posted at 15:52 | 哲学cafe | COM(0) | TB(0) |
2018.11.22

時間と空間とは、どんなもの?

先日このblogで、「存在と無」について述べたのだが、
コレが、思いがけず朝比奈の予想に反して、「ヒットしている」と
相棒のSが言うので、驚いた! “哲学ノリ”は興味をそそると聞いてはいたが……。
それで気を強くした朝比奈、そんなら次はコレ行ってみよう! そう、古今東西の
偉大なるテーマ、「時間と空間、時・空」である!
いったいゼンタイ、そもそも、「時・空」なるモノが存在するのだろうか?
そう、「存在と無」がここでも登場するのである!

建物のエントランス前の小路を、飼い主に連れられた
バカそうな(いえ、気立てのようさそうな)小型犬が歩いている。
コノコにとって、時間・空間は存在するのか?
するする!」食事の時間と、オシッコをすることになっている電信柱。
電信柱などは「3次元空間存在」だし、オシッコには体内循環という「時間制約」がある、
つまり、4次元を生きているのだ!
ウーム? メス犬の場合、トイレは2次元平面だから、時間+で3次元?
これらの概念を集約すると、ホントに時間・空間は存在するのだろうか?

「すると思う」とS。「だって、散歩タイムになると、しっぽを振って待ってますから」
彼? 彼女? は時計を見たのだろうか?「陽射しの具合? お腹の空き具合?」
「それ、両方とも当てにならない、個犬によりけり」とF。
「でも、体内時計というのはある。それはサイエンスで認められている。
たとえばヒトの睡眠や目覚めをコントロールしている脳、中枢神経系にある
セロトニンとか……」

8349807989_a8a9f747f7_z.jpg
Photo by -Jeffrey-

ウーム? ひょっとしてDNA、ゲノム・リボンの中に時間がinputされていて、
転写を何回したら、もう転写できないとか……これって、時間だよね?
「それより何より、太陽や月の運行で、日・時は感覚できるでしょう」
そうか! そうねぇ。 たしかに、暗黒・無音の密室に監禁されていると、
期日リズムは狂うらしい。これは、体内時計とどう関係しているの?
「体内の物質代謝なんかが、光情報で促進されたり遅延したり……」
「そうそう、熱帯地域の植物の繁殖サイクルは速いし、高緯度だとちっとも伸びない」
時間と空間ねぇ……ピカッ!
「それ、エネルギーと関係あるんでしょ、E = MC2乗!」

ああ、スッキリするねぇ……、そうでもないか?
なるほど! そうでアル! エネルギーは、質量と光速の2乗に比例する、そうかも??
えっ! でもソレ、相対性理論? とすると、時間と空間は相対的で……、
つまりゼ~ンブ時間になったり、ゼ~ンブ空間になったりすることもアリウル?
これって、超オモロイ話なんだね。だから、アインシュタインの顔写真の中に、
ペロ~ンて舌を出しているのがあるんだ! た~のしい!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Posted at 16:08 | 哲学cafe | COM(0) | TB(0) |
2018.11.06

“存在と無”とは、何か?

なんか、哲学的テーマだが、秋だからだろうか?
右手に持っているコーヒー・カップが空になっている。
じっと、カップの中を見つめる。
この場合、ちょっと前、数分前までは、カップの中にはコーヒーがあった。
しかし、今は存在しない。しかしコーヒーは、胃袋の中に存在している。
コーヒーは、存在しているか、いないか?
胃袋の中にある場合、胃液と混じり合っているから、コーヒーと言えるだろうか?
うーん、これは超難しい問題である!

というのは、白人集団の中に黒人が混じっている場合、黒人は確かに存在している。
個体と液体では違うでしょう! そうだろうか?
胃液の中にはタンパク質分子も、さまざまなミネラル分子も、漂っているわけだし、
胃液自体も、いろいろな分子でできている。となると、「胃の内容物」ということに?
うーん、と唸って、ヒラメイタ!
“存在と無”というふうに極論せずに、グラデーション状態を考えてみよう。
そうだ! カップになみなみとあったコーヒーはだんだん減って、胃液と混じりあった。
存在の位置が変わり、胃液と混じり合うことで、変質する。
そうだろうか? どんな化学変化があるのだろう?
いっそ、バラバラな分子としてみると?
この状態では、コーヒーは存在しないと、言うべきなのかも知れない。

そうだ! コーヒーは、さまざまな種類の物質、そう、
水も含む総合体の総称なのだ。砂糖はどうだろう? ミルクはどうだろう?
と、考えていくと、みーんな複合・総合体である?
この場合、
存在は、どこまでがアリで、どこからナシ、となるのだろうか?
化学変化の途中のある時点、ということ?
うーん、そうだ! みんなグダグダと、テキトーにくっついたり離れたりしているんだ。
しかし、コーヒーに含まれているカフェインは存在する。だから、
脳に働いて、眠気がいくぶん去って、こんなコトでも考えられるんだ?

455216290_219e983e79_z.jpg
Photo by Moe_


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Posted at 14:42 | 哲学cafe | COM(0) | TB(0) |