information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.04.18

高2殺害「たまたま」

以前このblogで、コリン・ウィルソンの『殺人の哲学』を紹介した(→コチラ)。
同書の日本語版の出版は1970年(初版)である。
同書には、殺人スタイルが歴史的に考察されている。
その、米国のおける“現代”が、もうとうに、日本にやってきていたのだ!

「県警は計画性の有無について、慎重に調べている」と報道されている。
一方、「容疑者、計画性を否定」と。
これは量刑の問題で、重要なポイントとなる。
新聞記事を読みながら、警察や検察、弁護人、裁判員の皆さんは、
『殺人の哲学』をお読みだろうか? そして、もし未読なら、
皆さんで読み、group sessionをしてみたらどうだろう? と思った。

こうした事件は、量刑の問題ではなく、時代・社会の意識構造の変化と、
それに対する対応、“safety guard”の問題ではないか、と思う。
一般的には、まず、精神鑑定が俎上に上るのかも知れない。
しかし、精神鑑定というのは「原因において自由な行為」つまり、
医学・心理学などの見地から、精神に異常が見られると判断されれば、
「原因において自由な行為」として、措置入院などにはなるが、罪にはならない、
ということだったと記憶しているが……。

上記の『殺人の哲学』で述べられている「時代性」は興味深く、重い。
怨恨とか金銭・男女間などのトラブル……、といった「理由」「心的因果関係」がなく、
まさに“たまたま”で、計画性がないのである。

11639927364_9315598284_z.jpg
Photo by ocdeluxe

これが、『殺人の哲学』で述べられている米国20世紀後半からの
殺人の“ある”スタイルだ。
もちろん、緻密に原因となりそうなコトを調べ、それらを積み上げていくことで、
じわじわと負のvoltageが上がっていくprocess、閾値を超えるタイミングなどは、
合理的に並べられる。しかし、
ただ閾値を超えたというだけでは、行動にまでは至らないらしい。
それは、最初の時点の場合だけ、のようだ。
2回目からは、閾値に達するどころか、かなり自動的に遂行されてしまう。
「計画性」などは全くない。凶器類は、ほとんど無自覚に常備されている。
そして驚くべきことは、ごく平均的な人々一般が、ルーティン勤務に就くような
自然さで、パターン化された殺人実行手順が遂行されるのだ。

これは、20世紀後半の英米などで、話題になった殺人スタイルだ。
目的は「殺人そのもの」で、機械的・systematicに実行される。
興味深いのは、殺人者はその手際のよさに陶酔していくことだ。
なるほど、手際にこだわるなら、「計画性」など論外に違いない。
殺人者の年齢ゾーンは、欧米のsensationalなケースでは
20代後半~35歳前後がピーク。欧米同様の「意識構造の時代」が、
日本の文明・文化の中にもやって来たのかも知れない。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
2018.01.11

『殺人の哲学』の、心理学的考察

「菊池元オウム信徒 無罪確定へ」。
昨年末の新聞の見出しである。ちょっと古いが、
コリン・ウィルソンの『殺人の哲学』(高儀進訳/竹内書店/1972年)
を読んでいたところだ。

同書を読み始めた理由は、引っ越しで蔵書の中から見つけたこと、そして、
9人殺害の「座間事件」の、殺害者の心理特性を追求してみたかったからだ。
菊池さんの場合は、殺人には関与していなし、組織行動における
意識・認識ということも、なかったのだろう。だから、ここでは不問にしよう。

satsujin.jpg

『殺人の哲学』は、14世紀くらいからの初期の殺人、17世紀のジンの時代と進み、
20世紀の殺人へと、時代とともに変遷していく殺人状況を、各国の歴史資料、
各国・各署の警察資料や裁判記録、新聞記事などの資料をもとに考察している。
そこに描き出されるのは、「時代の様相と殺人者のスタイル」だ。
興味深いのは、「移り変わる時代特性」と「ほとんど変わらない殺人者特性」が、
浮かび上がってくることである。

たとえば「座間事件」の場合。典型的ともいえる「連続型」で、
あまりにもフツーに見える、一般的な男のシゴトなのである。
そして、そういうヒトのヤリ口は残虐なのだ。これは、つまり殺人者にとって、
手間暇のかからない方法をとる??
そういうヒトの殺人は、「金銭を奪うなどの目的」の、“手段ではなく”、
“殺人が目的そのもの” なのだ。オウム事件も、
フォーカスしていけば、そうなるだろう。

同書を読んでいると、殺人者は、“やむにやまれず、のっぴきならない状況で、
変性意識状態に追い込まれて”実行してしまう場合は、
意外に少ないのではないか? と、思われてくる。つまり、
ヒトがDNAレベルで記憶している、長い屠殺の歴史にのった行為ではないか? と。
ヒトが、理性という、脳の新しい皮質で巧妙にコントロールされるようになる、
はるか昔からもっていた意識と認識。それは、往々にして、善悪の分別がない。
ただ、ただ、感情の暴走する行為である。

そしてそれを“気持ち悪い”と、感じる、思うようになったのは、さらに時代を下る。
農耕民族と狩猟民族といった、文化背景も大いにかかわってくるだろう。
そして意外に、そうした残虐な行為を平然と実行するのが、女性であったことにも驚く。
アマゾンのヤノマミに残っていたように、日本の伝統社会では、
生活キャパを超えての新生児始末は、その女性自身が行っていたことも少なくない。
これは、命を奪うことの「罪悪感」や「すまない」「惜しい」という気持ちばかりでなく、
もっと物質的な感覚でもあったのではないか、と思う。
それは、「生存における命のバランス」というような感覚ではないだろうか?

歴史時代に入ると、地球上に数限りない戦闘が繰り広げられ、
やがてヒトの生死は、商品化されるようにもなった。
日本の江戸時代に、「辻斬り」や「新刀の試し斬り」ということも行われていた。
とすると、長い人類の歴史の上で、現代人のような殺人感覚が生まれたのは、
まだ二百年足らず、といったところかも知れない。
現代の殺人者は、精神鑑定を受ける。それは、どのような内容なのだろうか。
裁判員裁判が行われる時代になって、身近な問題になってしまっている。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

2017.09.28

女性の問題:メイ氏&メルケル氏

朝比奈はバアサンだが、いちおう女性である。
そして一応、曲がりなりにも法人の運営主なので、
国家運営についても、常々、深く・広く眼を光らせている、ツモリ。
じっと、ギラギラと、眼を光らせるポイントは、国家元首・メイとメルケルだ。
そして、ポイントに当てるのは、動物学的メジャーで、
主として敬愛しているドーキンス先生(→コチラ)の、さまざまなDNA理論である。

Theresa_May_UK_Home_Office_(cropped).jpg Angela_Merkel_(August_2012)_cropped.jpg
Theresa May        Angela Merkel

英国はメイの前に、サッチャーが首相になって、辣腕を振るった。
短期的には成功だったが、結構、ブレアが後始末をやっている。
現在のメイは、まだ、よくはわからない、が、
おおむね、すでにサッチャー同様の女性型が濃厚に展開している。
ドイツのメルケルは、だいぶ夫君が協力しているらしい、が、
方法論的には、“女性型モロダシ”の政治運営法といえそう。

結論を先に言えば、“女性型モロダシ”の政治運営法は、
中・長期的には危険なのだ! どのように?
がっちり手堅く、しかし、ジリ貧へ向かうのである。
これは♀の特性で、♂が稼いで♀が家庭を守るならメデタシ・メデタシ。
しかし、経済、特に国家経済ともなると、サラリーマン家庭とは決定的に違う。
国家経済・国際経済は、ダイナミックに拡大と圧縮・縮小を繰り返し、
そのダイナミックなエネルギー効果を利用していかなければ、ジリ貧へと向かう。
このダイナミズム、そしてこのゲーム性こそ♂の持つ、何より価値ある特性なのだ!

メルケルさんは、数多くの労働者を導入して人口を増やし、
工場をたくさん造って、工業生産量を高めて、ドイツ経済を豊かにしようと。
なかなか結構なお考え、だけど、それってアナクロニズムでは?
どのように? 高速道路などのインフラには公共投資を極力しない。
えっ! 道路や橋がヨタヨタで、工業生産をどうやって上げるの?
原料も製品の流れも、ガタビシ&ドンヅマリで。

メルケルは、しまりやオバサン。ケインズ理論に反しちゃってる。
これ、サラリーマン家庭の奥さんの考え方と同じ。
支出を最低限にキリツメて、健全家計、健全財政にしよう! と。
サラリーマン家庭の場合は、ダンナが高級スーツを着ようと、高級車に乗ろうと、
収入はほぼ一定で、投資効果は無いに等しい。しかし企業の場合は、
的確に投資すればリターンが見込める。

そこで、的確な投資とは何か? 時流に乗った、ハイ・リターン投資だ。
しかしメルケルは、
旧式の生産性の低い工場設備で、数多くの労働者を働かせるという大昔の発想。
何より、自然逓減しつつあるドイツ人口の数字がコワイのだ?
だから、どんどん移民を受け入れ、
移民にフィットする、生産性の低い工場をばんばん建設し、内需を拡大。
そして「財政は健全化してるでしょ」と。だけど、
GDP(国内総生産)に対する公共投資は、年率2%台前半(10年間)。
ちなみに、EU仲間のフランスは、3~4%である。

トラックが走れる橋の多くが老朽化し、道路も部分的な手直しばかり……、
「公共投資をせず、ガッチリ財布のヒモを締めているのは、オバサン的だなあ」
投資が不足すれば、資本主義は回らない。
「穴掘りをして、埋め戻し、また穴掘りをしてればいい」んだって、
ケインズ先生が言ったでしょ。
でも、日本のおバアチャンもタンス貯金が好きだけど。
INF(国際通貨基金)がメルケルさんに、
「国内のインフラ投資に財政余力を使いなさい」って。でも、効き目なし!
でも、ドイツ国民はメルケル続投を決めちゃった。
ダンナさんは♂らしいけど、奥様の言うとおり?
これはもう、日本の振り込め詐欺に、ベルリンへ出張してもらわないと!!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

2017.09.22

北朝鮮との話し合い?

このところ、北朝鮮のミサイル発射情報が、次々とメディアに上る。
そして「話し合い」の必要性が、次々と叫ばれている。
確かに「話し合い」は必要だし、それに越したことはない。だが、しかし……と、
朝比奈は思う。そもそも、「話し合い」がニガテなヒトだから、
次々と、こうした暴挙におよぶのではなかろうか?

数千年におよぶ世界史をひもとけば、独裁者が君臨していた国家では、
「同様のケース」は枚挙にいとまがない
、と言えよう。
ここで問題のポイントは、「同様のケース」である。つまり、
何か国家(当たり前だが国民を含む)的問題が、対象国家との間にあって、
その問題解消のために、「話し合い」ではなく「威嚇を含む武力行使」を行う、
という状況においては、「話し合い」と「威嚇を含む武力行使」は
選択肢として並ぶ。
しかし多くの戦争史をひもとけば、はなから「話し合い」は想定外にあり、
「威嚇を含む武力行使」が、とても多いのだ!
そもそも「話し合い」というのは、“不服があるから武力行使に訴える”
という場合にのみ、効果が望めるのである。

歴史上の好戦的な独裁者と同様に、現在の北朝鮮の場合は、
若き国家元首として、(歴史に残るような輝かしい)世界の覇者・ヒーローになること、
こそがテーマ、コンセプトなのだ? から、
合理的な結論が出るような「話し合い」の問題項目なんて……?
つまり、軍事・武器オタクのオニイサン? オジサン? が、
わくわくするスゴイ武器を手にしちゃって、じゃんすか実験してみる、
すると、世界の大国のオトナたちが、オタオタしているのがおもしろくてしょうがない。

そこには、大国同士のヘゲモニー争いがあるから、
結局、ご機嫌を取るに決まっている、安心・安心、呑気にどんどん打ち上げろ! と?
こうした状況は、いわゆる資本主義経済の資本論とは異なる、
俗に“ちゃりんちゃりん商売”といわれるビジネス論理とのズレから起こる。
N国の場合は、世界各地に設置している大使館内で、
麻薬をはじめとするアンダーグラウンド・ビジネスで、しこたま稼いでいるらしい。
麻薬→武器=おもろいショウバイ であり、オマケにICBMや核開発まで、
となると、軍事・武器オタクには垂涎のおシゴトと言えよう。
これは、「話し合い」の問題とは、そもそも質・形式が異なるのである?

彼は、おもろいショウバイが、おもろい遊びを展開し、自身は、
世界がおののく無敵のヒーローになっちゃったのだから、もう最高! なのだ。
世界史の中に、いくらも見られたケースである。
そして、世界史をじっと見つめると、おおむね最終的には自爆している。
自己膨張の臨界点に、耐えられないのだろうか?

471px-Minuteman3launch.jpg
Photo by U.S. Air Force Photo


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

2017.09.13

ちょっぴり、北朝鮮体験!

9月12日の国連決議で、北朝鮮のミサイル問題は、ひと息つけそうである。
中国・ロシア・北朝鮮関係の現実が、いかに血肉に入り込んでいるか、
3国の国境地帯に入り込んでみないと、わからない。
新聞などメディア報道は、視点を定めて編集されたものだから、
リアルな雰囲気は、なかなか伝わりにくい。
まして日本のように、日々の暮らしで(漁船を除いて)国境線を超えることのない
状況では、どうも、ピンとこないのである。

中国の吉林省、渾春経由で図們江へ向かう。
この河畔から北朝鮮が遠望できるのだ!
そして、図們江公園の南側に架かる図們江大橋の中央部が、
北朝鮮との国境になっている。
公園内の川幅の狭い場所からは、対岸、北朝鮮の風情が手に取るようだ。
まさか公園内は無理だが、その他の川幅の狭い場所では、泳いで渡河できる。
もちろん国境警備隊の銃口が光るが、けっこう続々と渡河があるらしい。

640px-Hunchun_Quanhe_Tumen_River_Bridge.jpg

本日の話題は、北朝鮮の外貨の出稼ぎである。
長春の歓楽街には「北朝鮮キャバレー」がぞろりとあり、
キレイどころが、歌と踊りと濃厚サーヴィスで観光客をもてなす。
朝比奈は、日本企業の経営者数人の希望でガイドに頼み、案内してもらった。
とてもフレッシュな美人ホステスさんが、客をもてなし、ビジネス折衝をする。
「どうでした?」という朝比奈の問いに、2~3人のシャチョーさんは、
「美人でスタイルも抜群、純朴でいいコなんだよ、みんな。でもさ、シゴトは公務、
全員が公務員なんだから。ちょっとコワクなっちゃってさ、元気が出なかった」と。
ああ、ナント! 外貨稼ぎのイアンフなのか?
国策とは、洗脳に始まって、凄いものなのである!

日本と長春は歴史的に深く、長い付き合いがある。
1932年に、日本の傀儡国家として建国された偽満州国の遺構が多く、
現在も、大学の施設などとして利用されている。
そして、この満州の歴史の光と影を担った映画産業の歴史が、
映画テーマパーク・長春電影城になっている。
第二次世界大戦前の朝鮮半島と中国と日本、そして
日・米と中国とロシアと朝鮮半島の南・北という現代……。
政治と経済と文化の、複雑に積層する時・空の重みが、あらためて身にこたえた。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。